野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 中日柳が公私で芽生えた「柱」としての自覚 “ブチギレ事件”の後悔と家族の重み

中日柳が公私で芽生えた「柱」としての自覚 “ブチギレ事件”の後悔と家族の重み

公私とも抜群の1年だった。中日・柳裕也投手はプロ3年目の今季、チーム最多の11勝を挙げて一躍ブレーク。プライベートでも3歳下の真子さんと結婚し、今月には第1子となる男児も誕生した。成長を促したのは「次期エースの筆頭格」と「一家の大黒柱」という2つの立場を担う自覚。その背景には、大炎上のマウンドで痛感した未熟さと、特別な日を結婚記念日に選んだ家族愛があった。

中日・柳裕也【写真:荒川祐史】
中日・柳裕也【写真:荒川祐史】

今季チーム最多の11勝、成長を促したのは「次期エースの筆頭格」「一家の大黒柱」

 公私とも抜群の1年だった。中日・柳裕也投手はプロ3年目の今季、チーム最多の11勝を挙げて一躍ブレーク。プライベートでも3歳下の真子さんと結婚し、今月には第1子となる男児も誕生した。成長を促したのは「次期エースの筆頭格」と「一家の大黒柱」という2つの立場を担う自覚。その背景には、大炎上のマウンドで痛感した未熟さと、特別な日を結婚記念日に選んだ家族愛があった。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ナゴヤドームのマウンドで、感情のたがが外れた。5月4日のヤクルト戦。5回につかまり、1イニングで7失点。思い通りにならない球はことごとくバットで捉えられ、野手の拙守も重なった。思わず18.44メートル先にいる2歳上の加藤匠馬捕手に向かい「早く(ボール)よこせ!」と苛立ちをぶつけた。普段から人一倍慕っている先輩だったからこそ出てしまった言動だが、空気は最悪だった。結局、6イニングで10安打8失点。今季の初黒星だった。

 その3日後。同じナゴヤドームでの広島戦で、柳は投手の姿がよく見えるスコアラー室に入れてもらって試合を見た。先発を任された大野雄大は、圧巻の3安打完封。さらにその翌日には、広島の大瀬良大地が中日打線に対して2失点完投勝利を挙げた。そんな2人の姿に見出した共通点。「表情変えず淡々と投げていきながら、要所になると気持ちとギアを入れ直して決める。自分との違いでした」と痛感した。

 エースという重責を担う投手たちには備わった力。「やっぱり感情のコントロールができないと、ただ投げるだけじゃ勝っていけない」。マウンドでの平常心だけでなく、柳は試合に入る準備段階から見つめ直した。次の登板までの1週間、ただ決められた調整をするのではなく、ギリギリまで体を追い込む。それがマウンドに上がる際の自信につながり、心に余裕を生んだ。5月下旬から6連勝するなどシーズン通してローテを守り、11勝7敗の成績につながった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」