野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス2010年代は優良助っ人がズラリ! 来日14連勝バンデンにMVPサファテ

2019年シーズンのプロ野球が幕を閉じ、2010年代は今年で一区切りとなった。ここでは10年間で活躍したソフトバンクの主な助っ人外国人選手を見ていこう。

ソフトバンクのグラシアル、デスパイネ、モイネロ(左から)【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのグラシアル、デスパイネ、モイネロ(左から)【写真:藤浦一都】

サファテは17年にNPB新記録の54セーブ、バンデンハークは来日14連勝

 2019年シーズンのプロ野球が幕を閉じ、2010年代は今年で一区切りとなった。ここでは10年間で活躍したソフトバンクの主な助っ人外国人選手を見ていこう。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

○ブライアン・ファルケンボーグ投手

 2009年にパドレスから加入。1年目から46試合で防御率1.74と安定感を見せると、2年目の2010年は60試合で3勝2敗、1セーブ39ホールド、防御率1.02の圧倒的成績で最優秀中継ぎ投手に輝いた。2011年はクローザーも務めて19セーブ20ホールド。2012、13年は故障離脱も多く、2年間で5ホールド23セーブにとどまった。2014年は楽天で20セーブを挙げた。

○DJ・ホールトン投手

 2008年にドジャースから加入。1年目途中から先発に配置転換され、2年目の2009年に11勝を挙げた。2010年は故障離脱もあり8勝に終わったが、2011年には19勝6敗、防御率2.19の大活躍で最多勝を獲得した。2012年から巨人で2年間プレーし、2014年に韓国プロ野球(KBO)KIAで引退。現在はオリックスの駐米スカウトを務める。

○デニス・サファテ投手

 2011年にオリオールズから広島に加入。西武を経て、2014年にソフトバンクに入団した。1年目から守護神として37セーブを挙げると、2015年からは3年連続で最多セーブ。2017年にはNPB新記録となる54セーブを記録してMVP、日本シリーズMVPを独占。“キング・オブ・クローザー”と称された。昨年4月に右股関節の手術を受けて以降は登板なし。来季の残留も決まっており、復活を目指す。

○リック・バンデンハーク投手

 2014年に韓国プロ野球(KBO)サムスンで最優秀防御率、最多奪三振の2冠に輝き、2015年に加入した。1年目は6月に1軍昇格すると、15先発で9勝0敗、防御率2.52と無敗。2016年は記録を14連勝まで伸ばしたが故障離脱もあり、13先発で7勝に終わった。2017年からはローテーションを守って2年連続2桁勝利。今季は腰痛の影響などで2勝0敗に終わったが、ポストシーズンではローテーションの一角として日本一に貢献した。来季の残留も決まっており、来日6年目のシーズンとなる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」