野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2軍最多セーブ、復活150キロ右腕、高卒2年目コンビ…2020年、オリでブレーク期待の若手

2019年は5年連続のBクラスとなる最下位に終わったオリックス。メジャー通算282発を誇る超大物・ジョーンズを獲得し2020年は1996年以来となるリーグ優勝を狙うシーズンとなる。

オリックス・頓宮裕真【写真:荒川祐史】
オリックス・頓宮裕真【写真:荒川祐史】

来季は高卒2年目を迎える太田と宜保、共に遊撃を守るライバル関係

 2019年は5年連続のBクラスとなる最下位に終わったオリックス。メジャー通算282発を誇る超大物・ジョーンズを獲得し2020年は1996年以来となるリーグ優勝を狙うシーズンとなる。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 山岡泰輔投手、山本由伸投手、吉田正尚外野手ら若手がチームの中心となり転換期を迎えているが彼ら以外にも楽しみな若手が豊富にいる。ここでは今季以降の台頭が特に期待される若手選手をピックアップ。未来のスター候補生たちを紹介していく。

○太田椋内野手(19歳、2年目)
 2018年のドラフト1位で入団した大型遊撃手。ルーキーイヤーは3月の教育リーグで死球を右腕に受け骨折するスタートとなったが9月に1軍デビュー。6試合に出場したがプロ初ヒットはお預け。それでも走攻守で高い潜在能力を誇るだけに安達とのレギュラー争いに期待。

○宜保翔内野手(19歳、2年目)
 太田と同期入団でポジションも遊撃を守る。太田は1軍でノーヒットだったがドラフト5位ルーキーは8試合に出場しプロ初安打を含む6安打をマーク。太田とはタイプが違う広角に打ち分ける左打者だが1軍に定着する可能性は十分。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」