野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【新春企画】ロッテ井口監督独占インタ・中編 オフに見せた球団の本気度「勝つための環境整備」

2020年がいよいよ幕を開けた。今年も年明けから大きなスポーツイベントが目白押しとなるが、2月1日にキャンプインする日本プロ野球も大いなる盛り上がりが予想される。近年はソフトバンクの強さが際立つパ・リーグだが、その牙城を崩そうと今シーズンに狙いを定めているチームがある。それが千葉ロッテマリーンズだ。

ロッテ・井口資仁監督【写真:佐藤直子】
ロッテ・井口資仁監督【写真:佐藤直子】

就任3年目の井口監督が胸の内を語る、全3回シリーズの中編

 2020年がいよいよ幕を開けた。今年も年明けから大きなスポーツイベントが目白押しとなるが、2月1日にキャンプインする日本プロ野球も大いなる盛り上がりが予想される。近年はソフトバンクの強さが際立つパ・リーグだが、その牙城を崩そうと今シーズンに狙いを定めているチームがある。それが千葉ロッテマリーンズだ。

 現役引退直後の2018年から指揮を執る井口資仁監督は、就任1年目に6位から5位、2年目の昨季は5位から4位へとチームを引き上げてきた。就任時に掲げた「常勝軍団を作る」という公約を果たすべく、その土台作りに務めた指揮官は、2020年は「ホップ・ステップ・ジャンプの年にしたい」と、一気に10年ぶりの日本一を狙う。

「Full-Count」では新春特別企画として、井口監督に独占インタビューを行い、その胸の内に迫った。今回は全3回シリーズの中編として、今オフの取り組み・補強について語る。

 ◇ ◇ ◇

――10年ぶりの日本一を目指す今季に向け、オフにはプエルトリコでのウインターリーグに3選手を派遣し、米国シアトルにあるトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」にも5投手とコーチ、トレーナーを派遣。さらに、国内滞在組にも元五輪スプリンターで筑波大准教授の谷川聡氏による特別講座「ランニングトレーニング方法」を実施するなど、いろいろな取り組みを行っている。

「そうですね。チーム全体としても順天堂大学と連携するなど様々な取り組みをする中で、せっかく11月の秋季キャンプまで積み上げたものをどうやって春まで繋げていくか、考えました。特に寮生はせっかく寮にいるので、オフ期間にいろいろな講義を受けるなど、自分自身ではできないことに取り組んでいければということです」

――プエルトリコでは、岡大海外野手、安田尚憲内野手、山本大貴投手が経験を積みました。

「毎日送られてくる結果と動画をチェックしていました。安田はかなり試合に出させてもらって、岡が12月はなかなか出られなかったけど、いろいろな選手を見たり、一緒にプレーしたり、刺激にはなっていると思います。その中で安田はしっかり打撃で結果を出した(打率.349、9打点、出塁率.473)。守備も無難にやったようだし、今年が楽しみですね。もう3年目になりますから。これまで1軍に上げたいチャンスも何回かあったんですけど、安田に関しては中途半端に上げたくなかった。試合に出すなら最初から最後まで使い続けよう、という思いでいます。去年は1年間しっかり2軍で結果を出したので、今年こそは1軍で期待したいですよね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」