野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

1奪三振でノーヒットノーラン達成 西鉄で活躍した技巧派左腕、井上善夫氏が死去

昨年12月31日に死去した井上善夫氏は、全盛期を過ぎた西鉄ライオンズで、先発、救援で活躍した左腕投手だった。78歳だった。

井上善夫氏の現役通算成績
井上善夫氏の現役通算成績

大エース稲尾が故障の影響で0勝に終わった1964年に17勝マーク

 昨年12月31日に死去した井上善夫氏は、全盛期を過ぎた西鉄ライオンズで、先発、救援で活躍した左腕投手だった。78歳だった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 井上氏は1941年9月27日に山梨県で生まれる(以下敬称略)。同学年には元ヤクルト監督の武上四郎、巨人の5番打者の末次民夫らがいる。

 日大二高時代の1959年、春夏の甲子園に出場。春は1回戦で岐阜商に敗れたが、夏は準々決勝まで進んだ。当時としては大柄の180センチの本格派左腕として注目され、1960年に西鉄ライオンズに入団。即戦力と期待された。

 この時期の西鉄はエース稲尾和久、左腕畑隆幸、若生忠男、島原幸雄らの投手が揃っていたが、実質的に「稲尾のチーム」と言ってよかった。

 稲尾は1960年は28勝、そして翌61年にはNPBタイ記録の42勝を挙げる。登板数もチーム試合数の過半数の78試合。井上は先発の谷間を埋めるとともに救援投手としても活躍した。

 しかし稲尾は1963年に28勝を挙げるも、翌1964年は右ひじを痛めて0勝。以後衰える。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」