野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中、前田、秋山のMLB勢、坂本や柳田はNPBの顔 “ハンカチ世代”の主な現役選手は?

1988年度生まれの世代は、 プロ野球ファンにとっては印象的な世代だろう。早実高時代に“ハンカチ王子”として注目を浴びた日本ハムの斎藤佑樹投手や、ヤンキースで活躍する田中将大投手ら多くのビッグネームが揃っている。今年は新たに1選手がMLB入りを果たした“ハンカチ世代”の今を見ていきたい。

ドジャース・前田健太、ヤンキース・田中将大、レッズ・秋山翔吾(左から)【写真:Getty Images】
ドジャース・前田健太、ヤンキース・田中将大、レッズ・秋山翔吾(左から)【写真:Getty Images】

田中はヤンキースで6年連続2桁勝利、秋山は今オフにレッズと3年契約を結んだ

 1988年度生まれの世代は、 プロ野球ファンにとっては印象的な世代だろう。早実高時代に“ハンカチ王子”として注目を浴びた日本ハムの斎藤佑樹投手や、ヤンキースで活躍する田中将大投手ら多くのビッグネームが揃っている。今年は新たに1選手がMLB入りを果たした“ハンカチ世代”の今を見ていきたい。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

○田中将大投手(ヤンキース)1988年11月1日生まれ
 駒大苫小牧高から2006年高校生ドラフト1巡目で楽天入り。ポスティングシステムを利用し、2014年にヤンキースと7年契約を結んだ。昨季は32試合に登板し、入団から6年連続2桁勝利となる11勝9敗、防御率4.45をマーク。またプレーオフでは2017年以降、5勝2敗、防御率1.53と安定した強さを見せて称賛されている。7年契約最終年の今季は、これまで果たせなかったワールドシリーズ進出と世界一を達成できるか。

○前田健太投手(ドジャース)1988年4月11日生まれ
 PL学園高から2006年高校生ドラフト1巡目で広島入り。ポスティングシステムを利用して2016年ドジャースに移籍した。メジャー4年目の昨季は先発としてスタートし、夏場に配置転換されて救援に。37試合に登板して10勝8敗、3セーブ、防御率4.04の成績を残した。ポストシーズンでも救援で4試合無失点と活躍した。今季は、悲願のチャンピオンリングを手にできるか。

○秋山翔吾外野手(レッズ)1988年4月16日生まれ
 横浜創学館高から八戸大(現八戸学院大)に進学。2010年ドラフト3位で西武に入団した。入団5年目の15年にNPBシーズン最多安打記録の216安打をマーク。昨季まで最多安打のタイトルを4度獲得し、17年には首位打者も手にした。ベストナイン4度、ゴールデングラブ賞6度。守備の名手でもある。オフには海外FA権を行使し、3年総額2100万ドル(約23億円)でレッズと契約を結んだ。

○坂本勇人内野手(巨人)1988年12月14日生まれ
 光星学院(現八戸学院光星)から2006年高校生ドラフト1巡目で巨人入団。入団2年目の08年に遊撃のレギュラーをつかみ、12年に最多安打、16年に首位打者のタイトルを獲得した。昨季はキャリアハイの40本塁打、94打点をマークして5年ぶりリーグ優勝に貢献。シーズンMVPにも輝いた。ベストナイン5度、ゴールデングラブ賞3度。球史に残る遊撃手となった坂本は通算1884安打をマークしており、順調なら今季中に2000安打達成となる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」