野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • ロッテ藤原、鷹牧原、オリ福田…昨季初めて「開幕スタメン」を掴んだ選手の現在地は?

ロッテ藤原、鷹牧原、オリ福田…昨季初めて「開幕スタメン」を掴んだ選手の現在地は?

シーズン初戦に投げる投手には「開幕投手」という称号が与えられるのと同様に、開幕戦の先発メンバーに名を連ねると「開幕スタメン」と呼ばれる。開幕投手同様、野手としての栄えある称号であるとともに、チームの期待の表れとも言える。

オリックス・福田周平、ロッテ・藤原恭大、ソフトバンク・牧原大成(左から)【写真:荒川祐史】
オリックス・福田周平、ロッテ・藤原恭大、ソフトバンク・牧原大成(左から)【写真:荒川祐史】

西武はパ・リーグ6球団で唯一、開幕スタメンが初となる選手がいなかった

 シーズン初戦に投げる投手には「開幕投手」という称号が与えられるのと同様に、開幕戦の先発メンバーに名を連ねると「開幕スタメン」と呼ばれる。開幕投手同様、野手としての栄えある称号であるとともに、チームの期待の表れとも言える。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 そこで今回は、2019年に「プロ初の開幕スタメン」を手にした選手たちに注目。チームからの期待を受け、1年の始まりに抜てきされた選手たちがどのような成績を残したのか、球団別に紹介していきたい。なお、今回は日本人選手のみの紹介とする。

【西武】
○なし

 埼玉西武では初の開幕スタメン入りを果たした選手はいなかった。浅村栄斗(楽天)、炭谷銀仁朗(巨人)と2018年のメンバーが2人抜けて迎えた開幕だったが、外崎修汰外野手が右翼から二塁、森友哉捕手が指名打者から捕手へ、それぞれポジションを変えて穴を埋めた。特に森は、プロ入り後初となる捕手での開幕スタメン出場を果たし、正捕手としてシーズンをスタートした。

【ソフトバンク】
○牧原大成内野手
114試合409打数99安打3本塁打27打点10盗塁
打率.242 出塁率.267 OPS.575

 2018年の後半からブレイクを果たすと、今季は「1番・二塁」で開幕スタメンを勝ち取った。西武との開幕3連戦では15打数5安打と切り込み隊長の仕事を果たすも、6月初めに登録抹消。7月に再び1軍へ戻ると、上位、下位を問わず多様な打順をこなし、試合数や安打、盗塁といった成績でキャリアハイを記録。内外野を問わない守備や俊足で、強力打線のアクセントとして活躍した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」