野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元鷹守護神・馬原孝浩氏はなぜトレーナーに? 「こういうトレーナーがいれば」を体現

23日、福岡・糸島市内で報道陣に公開されたロッテの福田秀平外野手の自主トレ。国内FA権を行使してソフトバンクからロッテに移籍した福田秀は新天地でのキャンプインに向けて必死に汗を流していた。石垣島で自主トレを行っていた元チームメートの岩嵜翔投手も合流。この自主トレで、トレーナーとして2人を指導していたのは元ソフトバンク、オリックスでプレーし、守護神としても活躍した馬原孝浩氏だった。

トレーナーとして指導を行う馬原孝浩氏【写真:福谷佑介】
トレーナーとして指導を行う馬原孝浩氏【写真:福谷佑介】

2019年3月に柔道整復師と鍼灸師の国家資格を手にし、福田秀平と岩嵜翔の自主トレをサポート

 23日、福岡・糸島市内で報道陣に公開されたロッテの福田秀平外野手の自主トレ。国内FA権を行使してソフトバンクからロッテに移籍した福田秀は新天地でのキャンプインに向けて必死に汗を流していた。石垣島で自主トレを行っていた元チームメートの岩嵜翔投手も合流。この自主トレで、トレーナーとして2人を指導していたのは元ソフトバンク、オリックスでプレーし、守護神としても活躍した馬原孝浩氏だった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 現役期間中から体のケアなどを学んでいた馬原氏。2015年の現役引退後は自宅のある糸島市から北九州にある専門学校へ往復4時間近くかけて通い、2019年3月に柔道整復師と鍼灸師の国家試験に合格した。11月から福田秀のトレーナーとしてトレーニングやコンディションのケアなどを行っている。

 ソフトバンク球団のトレーナーを通じて福田秀が馬原氏に連絡を取ったのが始まりだった。「口コミで馬原さんが凄いと聞いた」。シーズン中に脇腹の怪我を負っていたこともあり、体のケアをお願いした。「最初に受けた時にピンと来て、この人だと。お願いしようと思いました」。すぐにオフのトレーナーを頼むことになったという。

 福田秀は「他のトレーナーさんとは全然違います」と“馬原トレーナー”のことを表現する。言うならば、アスリートの感覚を知り、アスリートの実績があり、そして知識もある“アスリートのため”のトレーナーだということだ。

 福田秀の自主トレ公開後、指導を行っていた馬原氏にも話を聞き“馬原式トレーニングメソッド”と、今後について語ってもらった。

 馬原氏は自身のトレーナー像として「自分がこういうトレーナーがいれば良かったなというのを、自分が集大成で作り上げている」という。ソフトバンクの守護神として2007年に最多セーブのタイトルも獲得した馬原氏。だが、現役晩年は右肩の故障など怪我に苦しめられた。オリックスでの3年間は怪我との戦い。自らの体をケアするために知識を増やし、その感覚と知識の元で自身のパーソナルトレーナーに様々なことを教えていった。その当時のトレーナーの1人が白鵬のトレーナーを務める大庭智成トレーナーだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」