野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

名将が「松坂以上」と評価の右腕、大阪桐蔭の二刀流… 春の主役を狙う5選手

第92回選抜高等学校野球大会(3月19日開幕)の出場校が24日に決定した。昨年は愛知・東邦が優勝し、エースで4番だった石川昂弥が投打で活躍。中日ドラフト1位にまで価値を高めた大会でもあった。昨年も甲子園を沸かせ、センバツに出場する兵庫・明石商の中森俊介投手と来田涼斗外野手はすでにプロのスカウトが高く評価している。他にも名将が“松坂級”と平成の怪物・松坂大輔(西武)を引き合いに出してまで評価する右腕や中学時代から有名だった“二刀流”選手ら、個性と才能あふれる選手が甲子園の舞台を踏む。

花咲徳栄の主将・井上朋也【写真:荒川祐史】
花咲徳栄の主将・井上朋也【写真:荒川祐史】

明石商の中森&来田がトップレベルも“包囲網”、一冬越えた選手たちに注目

 第92回選抜高等学校野球大会(3月19日開幕)の出場校が24日に決定した。昨年は愛知・東邦が優勝し、エースで4番だった石川昂弥が投打で活躍。中日ドラフト1位にまで価値を高めた大会でもあった。昨年も甲子園を沸かせ、センバツに出場する兵庫・明石商の中森俊介投手と来田涼斗外野手はすでにプロのスカウトが高く評価している。他にも名将が“松坂級”と平成の怪物・松坂大輔(西武)を引き合いに出してまで評価する右腕や中学時代から有名だった“二刀流”選手ら、個性と才能あふれる選手が甲子園の舞台を踏む。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 一冬越えて、進化を見せるだろう。中京大中京のエース、高橋宏斗投手(2年)は昨年の明治神宮大会で最速148キロをマーク。さらに1週間前のブルペンで150キロを計測と力をつけてきている。神宮大会では直球で空振りが取れていなかったため、球の速さだけでなく質も追求した。下半身の安定を一番の課題にし、トレーニングや走り込みで体重は79キロから82キロに。打撃投手をした際に、打者から「低めの球はワンバウンドすると思ったら浮き上がってきた」と言われ、手応えを得た。

「直球が松坂以上」と明徳義塾の馬淵監督から絶賛を受けた右腕は「注目されているのは自覚しています。周りの人たちからは、選抜で150キロ超えのストレートを期待されているだろうし、その期待を上回るような投球をしたい。選抜で155キロを出したい」と意気込む。「世代No.1投手は中森投手だと思っている。周りの評価もそうですし、中森投手の映像を見ていてもまだ自分が劣っている部分も多い。(No.1を)ずっと目標にやってきました」と高い目標を乗り越えるつもりだ。

 花咲徳栄の主将・井上朋也内野手は高校通算47本のチームの主砲。昨年、夏の甲子園では2年生ながら4番を務めた。初戦の2回戦で明石商の中森と対戦し、4打数1安打。チームは3-4で敗れた。新チームでも4番を務め、再戦を心待ちにする。昨秋の関東大会はベスト8に終わり「自分が打てない時は負ける時が多い。4番が打てないといけない」と自戒の念を込める。「去年は苦しい年だった。思うように結果を出せず、チームの足を引っ張った」と振り返る。

 昨秋まで外野手(右翼)だったが、この冬に三塁にコンバート。岩井隆監督は「これが揺らぐと全てやり直しになる。本職と思ってやってほしい」と三塁固定を明言。打撃で守備でレベルアップし、昨夏の雪辱と、さらなる高みを目指していく。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」