DeNA“ポスト筒香”は誰に? 新主将の佐野だけじゃない、2人の大砲候補とは

新ユニホームを身に着けたDeNA・ラミレス監督(右)、佐野恵太【写真:編集部】
新ユニホームを身に着けたDeNA・ラミレス監督(右)、佐野恵太【写真:編集部】

なぜ25歳の若手が“ポスト筒香”に指名されたのか、ラミレス監督が語る「資質」

 DeNAの主砲であっただけでなく、精神的支柱でもあった筒香嘉智外野手がレイズに移籍し、海を渡る。優勝を目指すチームにとっては大きな穴とみられているが、アレックス・ラミレス監督は「多くの主力はこの新しい世代であり、彼らはもうすでにここにいます」とコメント。新しい世代の中から、“ポスト筒香”となり得るのは誰なのだろうか?

 ラミレス監督は昨季、「筒香がいなくなることは考えてなかった」という。しかし、シーズンが進むにつれてポスティングシステム利用の話が具体化。「その中で、4番レフトで佐野を使ったこともあった。そういう準備をしてきた」と、プロ入り3年目だった佐野恵太内野手を、8月中旬から11試合で4番に起用した意図を明かした。

 佐野は今季、25歳の若さでキャプテンに指名された。2017年に9位指名で入団し、昨季は自己最多の89試合に出場、打率.295(200打数59安打)、5本塁打、33打点を挙げた。代打起用も多く、不動のレギュラーという訳ではない。それでもラミレス監督は佐野の指名に躊躇しなかったと言う。

「キャプテンに向いているレベルを1から10で表した場合、佐野は8から9のレベルがある。セルフコントロールができるし、コミュニケーションスキルも高い」と資質を評価。佐野は明るいキャラクターで、普段からチームメートを笑わせるだけでなく、雨で試合が中止になれば、陽気なダンスでファンを楽しませた。そんな姿はチームを活気づける一因となるだろう。

「(筒香の)代わりではなく、佐野のままでいい。それで穴を埋める能力はある。今まで通り活躍してやってくれればいい」と大きな期待を寄せたラミレス監督。4番として、主将として、佐野がその役割を果たせば、悲願の優勝へ大きな力となるだろう。

昨季4番スタメンを経験した細川、8月から4本塁打の伊藤裕らも候補に

RECOMMEND

CATEGORY