野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

バット30グラム増量も「重く感じない、力が付いた」 中日根尾が語る2年目の手応え

1月26日、CBCテレビ「サンデードラゴンズ」に中日平田良介外野手、高橋周平内野手、根尾昂内野手が出演した。7年連続Bクラスからの脱却へ期待がかかるドラフト1位トリオ。ゲストの赤星憲広氏は彼らへの要求を語った。本番後の話も含めて、3人の意気込みを紹介する。

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」に出演した中日・根尾昂、平田良介、高橋周平(中央左から)
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」に出演した中日・根尾昂、平田良介、高橋周平(中央左から)

根尾は26日に平田、高橋とともにCBCテレビ「サンデードラゴンズ」に出演した

 1月26日、CBCテレビ「サンデードラゴンズ」に中日平田良介外野手、高橋周平内野手、根尾昂内野手が出演した。7年連続Bクラスからの脱却へ期待がかかるドラフト1位トリオ。ゲストの赤星憲広氏は彼らへの要求を語った。本番後の話も含めて、3人の意気込みを紹介する。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 95試合出場で打率.278、8本塁打、32打点。昨年の成績について平田は「寂しいですね。全ての数字が少ない」と反省。赤星氏からは「今年は打率3割、出塁率3割8分は欲しい」とリクエストがあった。本番後、「彼が1番に入った時にチームは機能しました。得点力アップのためには平田選手の出塁が重要です」と説明した。

 平田は「僕も出塁率はこだわっていきたい。あとはOPS(出塁率+長打率)ですね。最低でも8割5分、できれば9割。出塁率が4割、長打率5割が目標」と設定した。長打と四死球を増やすためにはフルスイングと選球眼が必要。そのためには相手投手、点差、イニング、ランナーの有無、カウントなど場面に応じて打席で考え方を変えなければならない。

 その具体策については「すみません、内緒です」と口をつぐんだ。ただ、「僕が1球ごとに意識を変えていることはもうばれています。ここ2年のデータを見ると、明らかに配球や攻め方がおかしい。今年も読み合いですね」と不敵な笑みを浮かべた。

 さらに平田は「僕と周平と大島(洋平)さんは全部出ないとダメ。ここ最近、周りから『全力でやりすぎ。練習も試合も抜くことが必要』と言われています。確かに僕は平凡な内野ゴロでも全力疾走する。でも、これを辞めるのは無理なんです。だから、壊れない体を作るしかありません」と全試合出場を誓った。チームトップクラスの「野球偏差値」を持つ背番号6が143試合を戦い抜けば、結果は自ずと付いてくるだろう。

 昨年ベストナインとゴールデングラブ賞に輝いた高橋は「個人としては良いこともありましたが、チームとしては悔しいです」と唇を噛んだ。赤星氏は「打率は3割2分。打点も最低80点は欲しい。もし、100打点を稼げれば、優勝しますよ」とエールを送った。

 打点と関係する得点圏打率が.262と物足りなかったことについて高橋は「チャンスで打つには頭の整理が大切。データ上、僕に対しては『困ったらインコース』という結果が出ています。ただ、それが先に来るのか、後に来るのかはケースバイケース。いずれにせよ、僕は内角をさばけないと話になりません」と自己分析した。「打率は上がったり下がったりするので追いかけません。それより増えるもの。ホームランは最低でも2桁。打点は1点でも多く」と力を込めた。

 勝利に貪欲な高橋は「とにかく勝つ。勝たないとチームが変わったとも思われないし、意味がない。僕がキャプテンをしている間に絶対に優勝したい」と本番後も熱かった。新選手会長の京田陽太が「ビールかけの音頭は周平さんではなく、僕がします」と宣言していることについては「どうぞ、どうぞ。ただ、僕が一番はしゃぎますよ」と笑った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」