野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ファン待ちわびた覚醒なるか 鷹打撃コーチの“推しメン”は崖っぷち8年目と7年目の元侍

2月1日から宮崎市内の生目の杜運動公園で始まったソフトバンクの春季キャンプ。3年ぶりのリーグ優勝奪還、4年連続日本一を狙う“常勝軍団”の狭き29人の登録枠を争う、厳しい競争がスタートした。

1軍の登録枠を争うソフトバンク・真砂勇介(左)と上林誠知【写真:藤浦一都】
1軍の登録枠を争うソフトバンク・真砂勇介(左)と上林誠知【写真:藤浦一都】

立花コーチがブレーク期待「上林と真砂が楽しみ」

 2月1日から宮崎市内の生目の杜運動公園で始まったソフトバンクの春季キャンプ。3年ぶりのリーグ優勝奪還、4年連続日本一を狙う“常勝軍団”の狭き29人の登録枠を争う、厳しい競争がスタートした。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 今季は東京五輪の影響で開幕が3月20日に前倒しになる。そのためキャンプの練習メニューも例年より早め。ソフトバンクでも第1クールから投手陣が打撃投手として登板し始めている。4日に行われた練習で第1クールは終了。休日を挟んで始まる第2クールでは早くもシート打撃が行われる予定となっている。

 第1クールが終わったソフトバンクのキャンプ。昨季から一冬のオフを越えて、成長を感じさせている選手は誰か。立花義家1軍打撃コーチに、主力組の集うA組での注目株、推しメンを聞いた。

 4日間、選手たちの打撃に目を光らせてきた立花コーチが名前を挙げたのは上林誠知外野手と真砂勇介外野手だった。「打撃には一進一退があるけれど、上林と真砂はいい状態ですよ。2人は楽しみだなと思いますよ」と語り、外野のレギュラー候補として期待されてきた2人を推した。

 2012年のドラフト4位で西城陽高から入団した真砂。抜群の身体能力を誇ることから付いたニックネームは「ミギータ」だ。右のギータ(柳田悠岐)という意で、2016年のアジアウインターリーグではMVPに輝き、一気のブレークに期待された。

 だが、その後もなかなか開花せず。1軍では2017年に9試合、2018年は1試合、2019年には12試合に出場しただけで、定着することはできなかった。今季が8年目。勝負の年と言っていいだろう。

「あまり考えずに振っていったほうがいい。下手にうまくやろうとして受けてしまう癖がある」。立花コーチはこう真砂の課題を指摘する。ポテンシャルはピカイチだが、いざ試合になるとあれこれと考え過ぎる。結果を求めるがあまり、力が出しきれない。だからこそ「踏ん切りをもっていって欲しい」と、割り切って思い切ってプレーすることを求める。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」