野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園V腕ハム柿木が見せた2年目の進化 最速139キロの速球に手応え「今は質を」

日本ハムの2年目右腕、柿木蓮投手が8日、沖縄・タピックスタジアム名護で行われた紅白戦に白組の3番手として登板した。1回2安打2失点の結果だったが、首脳陣が褒めた理由とは…。

日本ハム・柿木蓮【写真:石川加奈子】
日本ハム・柿木蓮【写真:石川加奈子】

1回を2安打2失点も栗山監督高評価「前に進んだ部分あった」

 日本ハムの2年目右腕、柿木蓮投手が8日、沖縄・タピックスタジアム名護で行われた紅白戦に白組の3番手として登板した。1回2安打2失点の結果だったが、首脳陣が褒めた理由とは……。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季初めての実戦には6人の投手が登板した。試合後、栗山英樹監督が自ら個人名を挙げて評価したのは0封した投手ではなく、2失点の19歳右腕だった。「(6人とも)それぞれみんな特徴が出た部分があった。打たれたけれど、柿木も去年いろいろなことを経験しながら前に進んだ部分があった」と目を細めた。

 甲子園に4度出場して3度の全国制覇を経験したエリートもルーキーイヤーはプロの壁に苦しんだ。同期の吉田輝星投手が華々しくプロ初登板初勝利を挙げる一方、柿木はイースタン・リーグ26試合に登板して防御率8.24。加藤武治ファーム投手コーチは「力んで腕が棒になり、ボールが走らなかった」と昨季の投球を分析する。

 直球の質を高めるため、高校時代のノーワインドアップからセットポジションに変え、バランスを重視したフォームを追求。「バランス、バランスでやってきて、やっとうまく蹴れるようになってきたかなと思います。今は指のかかりを感じていて、去年よりも、いい球と悪い球が投げていて分かります」と柿木は自らの進歩を実感している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」