野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

燕打線の主力から絶大な信頼 打撃投手の七條祐樹氏「いかに要望に応えられるか」

ヤクルトの1軍春季キャンプは、今年も沖縄県浦添市の浦添市民球場で行われている。キャンプも2クール目に入り、いよいよ実戦練習が本格化しつつある。

1軍サブマネージャー兼打撃投手を務めるヤクルト・七條祐樹氏【写真:広尾晃】
1軍サブマネージャー兼打撃投手を務めるヤクルト・七條祐樹氏【写真:広尾晃】

七條氏は10年D2位で入団、プロ通算56試合登板で8勝を挙げた

 ヤクルトの1軍春季キャンプは、今年も沖縄県浦添市の浦添市民球場で行われている。キャンプも2クール目に入り、いよいよ実戦練習が本格化しつつある。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ヤクルト戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 朝からメーングラウンドで忙しく動いているのが、1軍サブマネージャー兼打撃投手の七條祐樹氏だ。七條氏は宮崎県立延岡工業高校、日産自動車九州、伯和ビクトリーズを経て2010年ドラフト2位でヤクルト入り。2015年まで現役を続け、通算56試合に登板、8勝5敗、1セーブ2ホールド、防御率4.52をマーク。引退後に現職に就いた。

――打撃投手になったきっかけは?

七條氏「戦力外通告を受けた時に、球団からすぐに声をかけていただいて。その時点では現役を続行して他球団で、とも考えましたが今後の野球人生を考えても長くないかなと。家族とも相談して球団にお世話になることにしました」

――具体的にはどんな仕事を?

「シーズン中は試合前に打撃投手として野手に投げるのが基本。それと用具の準備などでマネジャーをサポートしています。春季キャンプでも同じですが、人数を確認してタクシーに選手を送り出したりするのも僕の役割です。そしてボールなどを準備して打撃練習では投げています。ティー打撃でボールを上げたりもしています」

――打撃投手として気を付けていることは?

「やはりストライクをたくさん投げて、打者に気持ちよく打ってもらうのが基本です。そのためにはボールにぶれが生じないようにしなければなりません。バッターは、その日の調子で注文することがあります。それにいかに応えるかということを考えています。バッターには一定の傾向があって、ちょっと強めの速い球がいい選手とか、ちょっと遅めがいいとか、どの辺のコースがいいとか、それぞれ好みがあるので、その辺は自分でもいかに要望に応えるかを考えています」

――一日にどれくらいの球数を?

「春季キャンプでは100球を少し超えるくらいだと思います。シーズン中は人数にもよりますが、多く投げるタイプだったので120球くらい投げることもありますね」

――それを毎日続けるわけですね? 肩の消耗はあるんじゃないですか?

「僕は年に3回くらい疲れが来るんですが、そういうときでも極力投げるようにしています。コーチは『きつかったら言ってくれ』と言ってくれるのですが、仕事なので。バッターも同じ打撃投手が投げるほうがいいので。これも信頼関係ですね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」