野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • アストロズ、今季“最速報復死球”の被害者は? 米メディアが物騒な“珍オッズ”発表

アストロズ、今季“最速報復死球”の被害者は? 米メディアが物騒な“珍オッズ”発表

アストロズのサイン盗みは他球団の選手から憎まれ、ファンからは半ば“コケ”にされ始めている。そんな中、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」が運営するブックメーカー「BRベッティング」は「2020年最初に死球を受けるアストロズ選手」のオッズランキングを発表。ファンが最も早く「ぶつけられるだろう」と考えた選手は誰だったのだろうか。

サイン盗み問題により報復死球が危惧されるアストロズ【写真:Getty Images】
サイン盗み問題により報復死球が危惧されるアストロズ【写真:Getty Images】

「2020年最初に死球を受けるアストロズ選手」は? 元DeNAグリエルの名前も…

 アストロズのサイン盗みは他球団の選手から憎まれ、ファンからは半ば“コケ”にされ始めている。そんな中、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」が運営するブックメーカー「BRベッティング」は「2020年最初に死球を受けるアストロズ選手」のオッズランキングを発表。ファンが最も早く「ぶつけられるだろう」と考えた選手は誰だったのだろうか。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 名前が上がったのは8人の選手。その中で3人の選手、ジョシュ・レディック外野手、ヨルダン・アルバレス外野手、マイケル・ブラントリー外野手が並んで最も高配当、つまり“最速”で死球を当てられる確率は低いと考えられた。

 この3人が100ドル(約1万1000円)の賭け金で、30倍の3000ドル(約33万円)が得られるのに対し、5位の元DeNAユリ・グリエル内野手は確率がグッとあがり、600ドル(約6万6000円)の配当金となっている。昨季の先頭打者、ジョージ・スプリンガー外野手は4位で450ドル(約4万9500円)だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」