野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 筒香嘉智
  • 安打は反省材料、四球は安心材料― 初実戦レイズ筒香嘉智が得た実りある2打席

安打は反省材料、四球は安心材料― 初実戦レイズ筒香嘉智が得た実りある2打席

DeNAからタンパベイ・レイズへ移籍した筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、本拠地ポートシャーロットでのヤンキース戦に「5番・左翼」でスタメン出場。2回の第1打席で投手強襲安打を放ち、オープン戦デビューを1打数1安打1四球の内容。安打は反省材料に、四球は安心材料となった。

オープン戦に「5番・左翼」で出場したレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
オープン戦に「5番・左翼」で出場したレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

1打席目に安打も「思ってるところと違うとこに飛んでいます」

■レイズ 9-7 ヤンキース(オープン戦・日本時間24日・シャーロット)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 DeNAからタンパベイ・レイズへ移籍した筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、本拠地ポートシャーロットでのヤンキース戦に「5番・左翼」でスタメン出場。2回の第1打席で投手強襲安打を放ち、オープン戦デビューを1打数1安打1四球の内容。安打は反省材料に、四球は安心材料となった。

 2回無死一塁。一塁手が牽制球に備えてベースに付くため、一、二塁間を抜く“引っ張り”が求められるこの場面で、2番手右腕ヘールの150キロ外角速球を打ちグラブを弾く中前打で実戦初安打を記録。塁上で一塁手ボイトから「ようこそアメリカへ!」の言葉を贈られたと明かす一方で、「本当はゴロになってはいけない球」と打ち損じを認め、「そんなに感情はないです」と切り捨てた。

 グラブに収まっていれば、併殺となる最悪のケースになっていた可能性が大きかった実戦初安打に感慨がないのも頷ける。打者優位のカウント2-1から引っ張り切れなかったのは、その前に2球続けて見せられた変化球の残像が影響していたはず。微妙に狂わされたタイミングが投手への打球に表れていた。

「もちろん一、二塁間を狙いにいくイメージはあるんですけど、全然思ってるところと違うとこに飛んでいます」

 一方で、四球で歩いた2打席目は自己評価につながった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」