野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 筒香嘉智
  • 筒香嘉智、メジャーのゾーン順応への方法は…「審判の名前と癖をメモします」

筒香嘉智、メジャーのゾーン順応への方法は…「審判の名前と癖をメモします」

DeNAからレイズへ移籍した筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、本拠地でのヤンキースとのオープン戦に「5番・左翼」でスタメン出場し、1打数1安打1四球と存在感を示した。交代後には、メジャーの日本とは異なるストライクゾーンについて「しっかり勉強しながらやっていきたい」と話し、今後の試合でしっかりと確認を行っていく構えだ。

レイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
レイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

交代後、まず課題にあげたのはストライクゾーンへの対応「これから確認しないといけない」

■レイズ 9-7 ヤンキース(オープン戦・日本時間24日・シャーロット)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAからレイズへ移籍した筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、本拠地でのヤンキースとのオープン戦に「5番・左翼」でスタメン出場し、1打数1安打1四球と存在感を示した。交代後には、メジャーの日本とは異なるストライクゾーンについて「しっかり勉強しながらやっていきたい」と話し、今後の試合でしっかりと確認を行っていく構えだ。

 1打席目ではカウント2-1からの4球目をファーストスイングでしっかりと捉え、投手強襲の中前打を放ち、2打席目では8球粘り、しっかりとボールを見極めて四球を選んだ。久しぶりの実戦についての感想を問わると「ストライクゾーンの違いもこれから確認しないといけない」と、真っ先に課題に挙げたのは、ゾーンを把握することだった。

 ストライクゾーンについて自身のイメージとギャップがあるかに問われるとこのように答えた。

「日本の審判の方も、審判によってストライクゾーンは違いますし、こちらの方も審判によって違うと思うので。その大体のストライクゾーンは確認できると思いますけど、最後の細かいところは個人になると思うのでそういうところをしっかり勉強しながらやっていきたい」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」