野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ22年目 阪神・福留を突き動かす負けず嫌いの虫 「まだまだでしょうね」

1軍デビューは1999年4月2日、広島戦。前年のドラフトで中日に逆指名入団した福留孝介は「2番・遊撃」で先発し、7回には紀藤真琴から右中間へ初安打となる二塁打を放った。その21年後、米国を経て、ユニホームを阪神の縦じまに替えた男は、日米通算2395安打、322本塁打、1250打点と積み重ね、いつの間にか球界最年長野手になっていた。だが、沖縄・宜野座の春キャンプで見せる姿に衰えは見えない。

阪神・福留孝介【写真:荒川祐史】
阪神・福留孝介【写真:荒川祐史】

今なお歩み続ける探究の道「そこはずっと追いかけっこ。飽きることはないね」

 1軍デビューは1999年4月2日、広島戦。前年のドラフトで中日に逆指名入団した福留孝介は「2番・遊撃」で先発し、7回には紀藤真琴から右中間へ初安打となる二塁打を放った。その21年後、米国を経て、ユニホームを阪神の縦じまに替えた男は、日米通算2395安打、322本塁打、1250打点と積み重ね、いつの間にか球界最年長野手になっていた。だが、沖縄・宜野座の春キャンプで見せる姿に衰えは見えない。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

「自分が球界最年長だから、一番年上だからっていう考えは持たないようにしている。持ってしまうと、どこかに自分でそういう甘えを作るだろうし。なるべく甘えないように」

 オフの過ごし方は変わらない。むしろ、年々始動が早くなっている。シーズン終了後の休みは「良くて10日、早ければ1週間くらいかな」と、ほどほどに。基本的に自己調整を委ねられているが、「じゃあ、ゆっくりっていう気はないし、キャンプ初日からみんなと同じことを全力でやる気持ちで入ってきた」と、ベテランの立場に胡座を掻くつもりはない。

 1年目も22年目も、変わらず己に成長を求める。打撃であれば、前年の反省点を基にした修正を春キャンプでトライ。「それが今の自分に対して合っているのか、合うにはどうしたらいいのか。毎日毎日試行錯誤しながら、ああでもないこうでもないって1人で考えてる」と苦笑い。傍目には完成形に近づいているように見えても、本人の中では終わりのない探究の道だ。

「これっていうのは多分、自分が野球を辞めても見つからないでしょうね。もちろん、自分が思っていることが正しいわけでもないし、相手(投手)もいることだから。相手も去年の僕を見て、思うことが出てくるだろうし、そこはずっと追いかけっこ。ま、飽きることはないね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」