野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武松坂、3回2失点も納得「どうしようもない状態じゃない」…降板後の一問一答

西武・松坂大輔投手は8日の広島とのオープン戦(マツダ)に先発し、3回で69球を投じ、4安打3四球で2失点。降板後、報道陣の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。

広島戦に先発登板した西武・松坂大輔【写真:宮脇広久】
広島戦に先発登板した西武・松坂大輔【写真:宮脇広久】

本塁打の広島鈴木には脱帽「やっぱりあれくらいのバッターになると見逃してくれない。さすがだなと」

■広島 – 西武(オープン戦・8日・マツダスタジアム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武・松坂大輔投手は8日の広島とのオープン戦(マツダ)に先発し、3回で69球を投じ、4安打3四球で2失点。降板後、報道陣の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。

──自身の投球の印象

「いい面と悪い面が両方出た試合でしたね。ストレートは悪くなかったんじゃないですかね。変化球は全体的に浮いていた。抑えにいくところで、球が浮いちゃっていたので、全体的にメリハリをつけないといけないなと思いましたね」

──反省点は

「いま言ったように、メリハリですね。全部同じような球になっちゃっている。追い込んだ後に、投げたい高さ、投げたいコースに投げられるようにしないといけない」

──3回に3四球を与えた

「ボールにされた球も、どちらに取られてもおかしくないのがあった。そこまで気にしてないですけど」

──次回登板への課題

「投げさせてもらえるなら、しっかりイニングを増やして、もう少し球数を抑えられるようにしたい」

──配球は

「配球については試合前に少し話しましたが、基本的には今は友哉(捕手の森)に任せています」

──2回先頭の鈴木誠也に1発を浴びた

「カットです。低めに投げたいところでしたが、ほぼ真ん中に行ってしまったので、やっぱりあれくらいのバッターになると見逃してくれない。さすがだなと」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」