野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

不惑の燕左腕石川、若手に「まだ負けねえぞ」 通算200勝へあと29勝「あと2年で…」

ヤクルトのエース石川雅規投手が19年目のシーズンを迎えた。身長167センチの小さな大投手は1月22日に40歳に。不惑を迎えても若々しく衰えを知らない左腕に沖縄・浦添キャンプ中に話を聞いた。通算171勝。節目の200勝に向けて「2年でやりたい。キャリアハイを目指す」と話すなど意気軒高。若手の“見本”ともいえる存在だが「まだ負けねえぞという気持ち。年齢で区切られたくないし、若手と勝負したい」と闘争心剥き出しに40歳シーズンに立ち向かう。一問一答は以下の通り。

ヤクルト・石川雅規【写真:荒川祐史】
ヤクルト・石川雅規【写真:荒川祐史】

1月22日に40歳に「まだ勝負できる、カズさんにも勇気もらっている」

 ヤクルトのエース石川雅規投手が19年目のシーズンを迎えた。身長167センチの小さな大投手は1月22日に40歳に。不惑を迎えても若々しく衰えを知らない左腕に沖縄・浦添キャンプ中に話を聞いた。通算171勝。節目の200勝に向けて「2年でやりたい。キャリアハイを目指す」と話すなど意気軒高。若手の“見本”ともいえる存在だが「まだ負けねえぞという気持ち。年齢で区切られたくないし、若手と勝負したい」と闘争心剥き出しに40歳シーズンに立ち向かう。一問一答は以下の通り。

――19度目のキャンプを終えて
「何度やっても難しいですね。毎回毎回違う課題が出てきますし、これでいいというものがない。日によっても体は違うし、年々僕らも歳を重ねていくので。今年の投げ方というのを早く見つけられるように、毎日試行錯誤しましたね」

――これだけキャリアがあっても
「試行錯誤しまくりですよ! マシンなら同じ投げ方ができますけど、そうではない。とにかく再現性を高めないといけない。そこが難しいです。再現性が高いピッチャーは大きな波がないと思うんですけど、どこかズレるから。何とかしたいと思うんですけど…」

――やはりズレが生じる
「年齢を重ねて、イメージとやっていることのギャップが生まれやすくなっているので、そこをどう埋めるかという作業がすごくあります。でも、もはや失うものがないというか、もう自分がこの年齢からどれくらい勝てるんだろうか、やれるんだろうか、というワクワク感の方が大きいですね。だから、自分に期待しないと誰が期待してくれるんだという思いで、自分自身に期待したいです」

――今年一番挑戦していることは
「結局、球が遅くても真っ直ぐなんですよ。しっかりとしたキレのいい、バッターが打ちにくい真っ直ぐというか、バッターのイメージと違う真っ直ぐを両サイドに投げられるかどうか。真っ直ぐがないと変化球も生きないので。そこですね」

――今季はどんなシーズンに
「毎年キャリアハイを目指していますけど、可能性はゼロではないと思います。やりようによってはまだまだ勝負できるんじゃないかと思っているので、そこをなんとか目指したい。年齢を重ねても結果を出し続けた先輩がたくさんいらっしゃいますし、野球界だけではなく、カズ(三浦知良)さんとかもいらっしゃって僕らもすごく勇気をもらえるので、そこになんとか近づけるように、近づいて終えられるようにしたいなと」

――200勝まであと29勝
「目標は2年でやりたいし、やらないと届かない数字だと思うんです。何勝で何年なんて計算し始めたら絶対ダメなので。やれるんだったら1年でもいいし、2年でもいいからやりたい。そうでないと若い子に勝てないです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」