野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 開幕延期のプロ野球、全143試合を実施できるのか 日程再編で最善策は?

開幕延期のプロ野球、全143試合を実施できるのか 日程再編で最善策は?

NPBの開幕延期が決まった。9日、都内で新型コロナウイルス対策連絡会議の第2回会議が行われ、専門家チームからは開幕の延期が望ましいとする見解が示された。その後に行われた臨時の12球団代表者会議で、開幕延期が正式に決定された。

NPBの斉藤惇コミッショナー【写真:編集部】
NPBの斉藤惇コミッショナー【写真:編集部】

9日の会見で斉藤コミッショナーは「143試合は極力やりたい」

 NPBの開幕延期が決まった。9日、都内で新型コロナウイルス対策連絡会議の第2回会議が行われ、専門家チームからは開幕の延期が望ましいとする見解が示された。その後に行われた臨時の12球団代表者会議で、開幕延期が正式に決定された。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、現在、無観客開催でオープン戦を開催しているプロ野球。ペナントレースの開幕延期が決まり、今後は日程の再編という問題に直面することになる。斉藤コミッショナーは「143試合は極力やりたい」と語っており、ペナントレースの試合数削減は現時点では可能性は低そうである。

 試合数の削減となると、入場料収入や球場内のグッズや飲食の売り上げが減少することとなり、球団経営に大きな打撃を与えることになる。では、どのようにして日程を再編することが現実的なのだろう。

 実際に、ある球団関係者と話した中でも、最も現実的な選択肢として考えられたのが、クライマックスシリーズ(CS)の縮小ないし中止だった。

 今季は東京五輪期間中の中断期間が設定されており、7月21日から8月13日の間、ペナントレースは休止される。この間の試合の実施は、侍ジャパンへの選手の供出数によって不公平さが生まれるために難しい。試合が組まれていない日に試合を詰めていくことも可能だが、そうすると選手たちにかなりの負担をかけてしまうことになる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」