野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

昨季ファーム最多勝、DeNAの新星は「魅力的なピッチング」 元捕手が期待する右腕とは

19年はリーグ2位で球団史上初となる本拠地でのクライマックスシリーズ(CS)を戦ったDeNA。今季の優勝を目指すチームの課題として、MLBレイズへ移籍した筒香嘉智外野手の穴をどのように埋めるのかに注目が行きがちだが、投手陣の向上も必須条件だ。昨季はチームで2桁勝利を挙げたのは今永昇太投手のみ。チーム防御率も3.93とリーグ5位に沈み、結果だけ見れば不安に思える。特に大きな補強をしていないが今季の投手陣はどのような陣容になるのだろうか。

DeNA・上茶谷大河【写真:荒川祐史】
DeNA・上茶谷大河【写真:荒川祐史】

昨季防御率リーグ5位に沈むも野口氏は「戦力的には十分」と太鼓判

 19年はリーグ2位で球団史上初となる本拠地でのクライマックスシリーズ(CS)を戦ったDeNA。今季の優勝を目指すチームの課題として、MLBレイズへ移籍した筒香嘉智外野手の穴をどのように埋めるのかに注目が行きがちだが、投手陣の向上も必須条件だ。昨季はチームで2桁勝利を挙げたのは今永昇太投手のみ。チーム防御率も3.93とリーグ5位に沈み、結果だけ見れば不安に思える。特に大きな補強をしていないが今季の投手陣はどのような陣容になるのだろうか。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「戦力的には十分ですよ」と先発陣の充実ぶりを絶賛したのは現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、17年から2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏だ。

 しかし、一方で「心配なのが上茶谷(大河投手)」とルーキーイヤーの昨季に25登板し7勝(6敗)と先発ローテを守った右腕の投球について「去年は知らない間に配球の割合が変化球ばかりになってしまっていた」と不安視。今季へ向けて投球フォームの微調整に取り組む姿に「それがしっくりきて結果で現れるようになれば上茶谷ぐらいであればやってくれなきゃいけないピッチャーですからね」と2年目に挑む右腕の飛躍への期待を口にした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」