野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 膨らんだのは不安か?期待か?  適応に明暗分かれた12球団新助っ人たちのOP戦【セ編】

膨らんだのは不安か?期待か?  適応に明暗分かれた12球団新助っ人たちのOP戦【セ編】

15日に最終戦を終えたプロ野球のオープン戦。本来ならいよいよ開幕となるところだが、今季hが新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となった。新たな開幕日はまだ確定しておらず、今後、選手たちは練習試合を通じて調整を続けていくことになる。

DeNAのタイラー・オースティン(左)と巨人のヘラルド・パーラ【写真:荒川祐史】
DeNAのタイラー・オースティン(左)と巨人のヘラルド・パーラ【写真:荒川祐史】

巨人パーラは打率.233で0本塁打、モタは22打席連続無安打

 15日に最終戦を終えたプロ野球のオープン戦。本来ならいよいよ開幕となるところだが、今季hが新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となった。新たな開幕日はまだ確定しておらず、今後、選手たちは練習試合を通じて調整を続けていくことになる。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2020年シーズンに向けて、各球団が新たな補強を行ってきた。今季はこれまで以上に“大物”と呼ばれる助っ人たちが来日。ファンも大きな期待を抱いているはずだ。

 その新助っ人たちはオープン戦を通じて新チームに、そして日本の野球にアジャストしていく必要がある。そこで、新たに12球団に加入した新助っ人たち(NPB間で移籍した選手含む)のオープン戦をチェックしてみよう。まずはセ・リーグだ。

○巨人
エンジェル・サンチェス投手
3試合0勝1敗0S 防10.57
7.2回 13安打 2本塁打 3四死球 6奪三振 11失点

チアゴ・ビエイラ投手
5試合0勝1敗0S 防3.60
5回 2安打 0本塁打 3四死球 5奪三振 2失点

ナティーノ・ディプラン投手(育成)
1試合0勝0敗0S 防5.40
5回 7安打 0本塁打 1四死球 1奪三振 3失点

イスラエル・モタ外野手(育成→支配下)
12試合42打数8安打2本塁打4打点
2四死球 19三振 率.190 出.227

ヘラルド・パーラ外野手
11試合30打数7安打0本塁打3打点
1四死球 8三振 率.233 出.258

エスタミー・ウレーニャ内野手(育成)
3試合5打数0安打0本塁打0打点
0四死球 1三振 率.000 出.000

 6人の新助っ人がオープン戦に出場した巨人。だが、やや不安の残る結果になっている。まずアピールしたのがモタ。キャンプからアピールして育成から支配下に昇格した。だが、オープン戦が進むと、22打席連続無安打となるなど急失速し、ファームに降格となった。

 先発の一角として期待されるサンチェスは3試合で計11失点。防御率10.57と課題を残している。中軸として期待されているパーラは打率.233、本塁打なしと、こちらもまだまだアジャストの途中段階と言えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」