野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ吉田正とトスバッティングを通して“会話” 貴重体験を可能にした「フリーRUNS」

2月15日、オリックスのキャンプ地「宮崎市清武総合運動公園SOKKENスタジアム」で、パ・リーグオフィシャルスポンサーである総合人材サービス「パーソルグループ」によるイベント「フリーRUNS(フリーランス)」が行われた。

「フリーRUNS」オリックス編が行われた【写真:パーソル パ・リーグTV】
「フリーRUNS」オリックス編が行われた【写真:パーソル パ・リーグTV】

吉田正と同い年の松田さんと高校野球の監督経験もある松枝さんが「フリーRUNS」を体験

 2月15日、オリックスのキャンプ地「宮崎市清武総合運動公園SOKKENスタジアム」で、パ・リーグオフィシャルスポンサーである総合人材サービス「パーソルグループ」によるイベント「フリーRUNS(フリーランス)」が行われた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「フリーRUNS」はパ・リーグ各球団へのFA移籍体験として、春季キャンプで選手たちの練習をサポートする企画。交通費+宿泊費全額支給の好待遇に加え、賞金1万円と一緒に練習をした選手のサイン入りグッズもプレゼントされるという、夢のようなお仕事だ。今回は、「外野を駆け回り、吉田正尚選手のホームラン性の当たりをキャッチしよう!」というテーマのもと、610件の応募から選ばれた2名が宮崎県に訪れた。

 1人目は、小学校から高校まで野球漬けの毎日を過ごしていたという松田義貴さん。同い年だという吉田正について印象をたずねると、「ホームランが打てないことを身長のせいにしていた自分の考えを変えてくれた選手。お会いできるのが楽しみです!」と、憧れの選手との対面を前に心を弾ませている様子。

 2人目は大阪府で整形外科医として働く松枝洋さん。小学校から高校まで選手としてプレー、卒業後は高校野球の監督も経験したという、頼もしい野球歴を持つ。「野球人として唯一の心残りがプロ野球選手になれなかったこと。今回の『FA移籍体験』というフレーズにひかれ、ひとかけらでも願いが届くのなら」と、意を決して応募したようだ。

 当初は「吉田正尚選手のホームランキャッチ」チャレンジが予定されていたが、あいにくの雨模様。場所を室内練習場に移して「吉田正尚選手と打撃練習 フルスイングを体感」を行うことに。

 昨季は2年連続のベストナインに選出されるなど、パ・リーグを代表する外野手となった
吉田正。そんな主砲と一緒に打撃練習ができるとあって、2人の顔にも緊張が。

「吉田正選手のフルスイングに少しでも近付けるよう、アドバイスをいただきながら一緒に練習させていただければ」と意気込みを語った松田さん。一方の松枝さんは、「吉田正選手の記憶に『おっ!!』と残るような時間を過ごせるように頑張ります」と緊張を見せながらも笑顔で話した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」