野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 「ポスト秋山」は金子、野手転向2年目の川越が急台頭 西武野手陣は今季も充実

「ポスト秋山」は金子、野手転向2年目の川越が急台頭 西武野手陣は今季も充実

西武のキーマン2人が好調だ。“ポスト秋山”と期待される8年目の29歳・金子侑司外野手と、投手から転向して2年目でレギュラー候補に躍り出た26歳・川越誠司外野手である。

西武・金子侑司(左)と川越誠司【写真:荒川祐史】
西武・金子侑司(左)と川越誠司【写真:荒川祐史】

金子は3月の対外試合で38打数15安打6盗塁、打率.395をマーク

 西武のキーマン2人が好調だ。“ポスト秋山”と期待される8年目の29歳・金子侑司外野手と、投手から転向して2年目でレギュラー候補に躍り出た26歳・川越誠司外野手である。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 現在評価がうなぎ上りだけに、新型コロナウイルスの感染拡大で延期された開幕がさぞかし待ち遠しいだろうと思いきや、2人は期せずして「残念ですが、この(開幕までの)期間でさらにレベルアップできる」と同じセリフを口にした。

 金子に求められているのは、米大リーグ・レッズに移籍した秋山の定位置だった『1番センター』の継承だ。3月のオープン戦、練習試合計13試合のうち、1軍に合流したばかりの中村剛也に打席を稼がせるために1番を譲った3日の広島戦、雪が降ったほどの極寒を考慮して主力がスタメンを外れた14日のヤクルト戦を除く11試合に同スポットで出場。通算38打数15安打6盗塁で.395の高打率をマークしている。「キャンプからずっとやってきたことは間違いではなかった」と手応えを感じている。

 もともと、昨季41盗塁で2度目のタイトルを獲得した脚力と、守備範囲の広さには定評がある。残る課題は昨季.251の打率(秋山は.303)、同.324の出塁率(秋山は.392)だ。西武は昨季、「1番左翼・金子、3番中堅・秋山」の布陣でスタートしたが、金子が打撃不振で、5月9日に1番の座を秋山に“返還”した経緯がある。今季リーグ3連覇を目指す辻発彦監督も「鍵は1番」と断言。イケメン独身で若い女性に人気の高い金子だが、リーグを代表するような選手としてもうワンランク上にいけるか、分水嶺となるシーズンだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」