野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平が全米を震撼させた日 二刀流右腕、衝撃の投手白星デビューから丸2年

大谷翔平が全米を震撼させた日 二刀流右腕、衝撃の投手白星デビューから丸2年

エンゼルスの大谷翔平投手がメジャー初勝利を挙げてから丁度2年となった。2018年4月1日(日本時間2日)、敵地でのアスレチックス戦で大谷はメジャー初登板。6回92球を投げて3安打6奪三振1四球で3失点(自責3)。チームは7-4で勝利して白星を手にした。メジャーを震撼させた投球を改めて振り返る。

2018年4月1日(日本時間2日)にメジャー初登板初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
2018年4月1日(日本時間2日)にメジャー初登板初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷は2018年4月2日のアスレチックス戦で投手デビュー、6回3失点で勝利投手になった

 エンゼルスの大谷翔平投手がメジャー初勝利を挙げてから丁度2年となった。2018年4月1日(日本時間2日)、敵地でのアスレチックス戦で大谷はメジャー初登板。6回92球を投げて3安打6奪三振1四球で3失点(自責3)。チームは7-4で勝利して白星を手にした。メジャーを震撼させた投球を改めて振り返る。

【動画】2年前の4月2日、大谷翔平が全米に衝撃を与えた 投手デビューした試合の実際の映像

 大谷は3月29日(同30日)のアスレチックスとの開幕戦で打者デビュー。「8番・DH」で出場。2回の初打席で右前打を放つ堂々のデビューを飾っていた。それから3日後、今度は投手として全米に衝撃を与えた。最速160キロの速球を軸に6回を3失点投球。2回に3ランを許したが、スライダーを中心に要所でスプリットを織り交ぜる配球で立て直す。6回まで4イニング連続3者凡退に退ける圧巻投球で見事白星を手にした。

 当時の指揮官、マイク・ソーシア監督が「彼の才能が見えたし、投球をまとめる能力も見えた」も手放しで褒め称えた大谷の投球。敵のアスレチックス、米メディア、ファンは驚きのコメントを残している。

 対戦相手アスレチックスのボブ・メルビン監督は「98マイル(約158キロ)を投げる投手に対しては、打者はかなり早くバットを始動させなければならないが、そうすると今度は変化球が生きてくる。彼は本物のようだね」と脱帽。空振り三振、空振り三振、左飛に封じられた3番のマット・オルソン内野手は「すごく期待値が高い中でも、さすがプロだね。今日はいいボールが来ていた」と評した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」