野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元MLB右腕・藪恵壹氏は「球数制限」をどう見る? 「指導者がどう意識を変えるか」

2020年から高校野球では新たなルールが導入されることになっている。それが、投手の怪我予防を目指す、いわゆる「球数制限」だ。本来は、今春の選抜高校野球から導入され、それ以降は全国大会だけではなく地方大会や軟式高校野球にも適用される予定だった。

阪神、MLBなどで活躍した藪恵壹氏【写真:佐藤直子】
阪神、MLBなどで活躍した藪恵壹氏【写真:佐藤直子】

現役引退後はジュニア世代の指導も経験、2019年には学生野球資格回復を認定

 2020年から高校野球では新たなルールが導入されることになっている。それが、投手の怪我予防を目指す、いわゆる「球数制限」だ。本来は、今春の選抜高校野球から導入され、それ以降は全国大会だけではなく地方大会や軟式高校野球にも適用される予定だった。

 具体的には、どういうルールなのか。1試合で投げる球数に上限はなく、公式記録を基に1週間の合計球数を計算。1週間の上限を500球と定めた。「500球」という数には医学的根拠はなく、はたして1週間で500球が適正なのか否かについては、様々な意見が飛び交っている。

 それでは、元阪神でメジャーではアスレチックスとジャイアンツのユニホームに袖を通した藪恵壹氏は、どう考えるのか。

「指導者の方が投手の起用について歯止めが利かなくなっている部分があったので、何か指標を出さないといけない状況だったと思います。内容はともかく、出したことに意味がある。選手を潰しちゃいけないと思ったら、本当は指導者が自主規制して、そこまで投げさせないじゃないですか。でも、高校野球の場合、『今やっておかないと、これで終わってしまう』と、どこまでも投げさせてしまう。気持ちとしては分からないわけではないけれど、それで怪我をしたら、野球だけではなく人生も棒に振る可能性がありますから。高校野球が全てじゃない、まだ先があるんだ、ということを指導者が教えてあげないといけないし、先があることを指導者が知っておかないといけないですよね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」