野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 斎藤佑樹の元同級生G左腕、社長候補として奮闘中 新型コロナ禍も「社員守らないと」

斎藤佑樹の元同級生G左腕、社長候補として奮闘中 新型コロナ禍も「社員守らないと」

スマホが何度も鳴る。通話を終えると、思わずため息が出る。「またキャンセルの電話ですわ……」。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化してきた3月下旬。かつて巨人のユニホームを身にまとった元左腕は、バス会社の常務取締役として経営の先行きに頭を悩ませていた。

現在は父が経営するバス会社で働く尾藤竜一さん【写真:小西亮】
現在は父が経営するバス会社で働く尾藤竜一さん【写真:小西亮】

早大では斎藤佑樹(日本ハム)と同級生、元巨人の尾藤竜一さんはバス会社で奮闘中

 スマホが何度も鳴る。通話を終えると、思わずため息が出る。「またキャンセルの電話ですわ……」。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化してきた3月下旬。かつて巨人のユニホームを身にまとった元左腕は、バス会社の常務取締役として経営の先行きに頭を悩ませていた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 本来なら、春の行楽シーズンで大忙しの時期。岐阜県郡上市に本社を置く「白鳥交通」で、隣接する関市の「関営業所長」を任されている尾藤竜一さんは言う。「3月に予約が入っていた観光バスは、ほぼキャンセルになりました」。2009年に育成2位で巨人に入団し、3年間在籍した技巧派の元投手。その後、中日の打撃投手を6年間務め、30歳になるのを機に父が社長を務める会社へ。運転手の管理や、バスツアーの営業に奔走してきた。

 この春は、景色が一変した。仕事がなくなった運転手には、路線バスの運行に回ってもらうなど調整に苦慮。並行して展開しているタクシー事業などでも活路を模索する。

「本当にしんどい。でも、何とか持ちこたえて社員を守らないといけない。それが僕の仕事です。野球でも、精神的にえらい(辛い)ことは何度もあった。乗り越える力は培ってきたつもりです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」