野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

本当はマジメな野球人? 元日ハム新垣勇人、東芝コーチとして奮闘する日々と指導論

日本ハムに在籍し、現在は東芝野球部で投手コーチを務める新垣勇人氏。横浜商科大学から東芝に入社すると、5年間在籍しチームを牽引。2012年ドラフト5位で日本ハムに入団した。日本ハム時代にはチームメートも多数登場する動画をはじめ、自身が上沢直之や大谷翔平(現・エンゼルス)の見舞いなどに訪れる写真などをツイッターに投稿しファンを楽しませてきた。2016年は1軍昇格後にナインの前で一発ギャグを披露し続け、チームは15連勝を記録。ツイッターのフォロワー数は6.3万人を誇り、親しみやすいキャラクターで選手からもファンからも愛された。

東芝野球部で投手コーチを務める新垣勇人氏【写真:安藤かなみ】
東芝野球部で投手コーチを務める新垣勇人氏【写真:安藤かなみ】

18年に現役を引退し東芝に指導者として復帰「後悔してほしくない」

 日本ハムに在籍し、現在は東芝野球部で投手コーチを務める新垣勇人氏。横浜商科大学から東芝に入社すると、5年間在籍しチームを牽引。2012年ドラフト5位で日本ハムに入団した。日本ハム時代にはチームメートも多数登場する動画をはじめ、自身が上沢直之や大谷翔平(現・エンゼルス)の見舞いなどに訪れる写真などをツイッターに投稿しファンを楽しませてきた。2016年は1軍昇格後にナインの前で一発ギャグを披露し続け、チームは15連勝を記録。ツイッターのフォロワー数は6.3万人を誇り、親しみやすいキャラクターで選手からもファンからも愛された。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 2018年オフに戦力外通告を受け現役を引退すると、古巣・東芝に投手コーチとして復帰。指導者として2年目を迎えた新垣コーチは「後悔をしてほしくないというのが僕の中にあって」とナインへの接し方で心がけていることについて話した。

「最終的に、笑顔で終わりたい。だから細かいことはけっこう言います。例えば、ダッシュの残り何メートル抜いてるとか、もっと大きな声を出してほしい時に出していないとか。そういう細かいところはもちろん技術面でもあります。フィールディングでちょっとミスをした人が、次に同じことをしたらやったらできる、でもそうじゃない。“次できる”のではなくって、“次にやらないため”になにをするかというのを考えてやっていきたい。結局、先のことを考えたプレーをしてほしいなと思います。ミスで負けたくないのもあるし、『そこをやっておけば』という後悔もしてほしくない。僕もいろいろ経験をしてきて、そういうところを心がけていたのかなと思います」

 もちろん、グラウンドではいつものコミカルな一面は封印。ナインからは「ギャップがすごい」「こんな感じだと思わなかった」との声も上がると言うが、「よく言われます」と笑い飛ばした。「投手コーチとして、メリハリをつけています。外ではいいけど、グラウンドに行ったらそういうのはやっぱりなし。勝つためにどうするかを常に考えています」という新垣コーチ。ベンチからマウンドに向かう選手に対しては、「今までやっていたことを全て出して対戦しよう」と声をかけて鼓舞。社会人野球の試合で使用する球場にはベンチとブルペンをつなぐ電話が用意されていないことも多く、ひっきりなしに移動することも多いという。「シャトルランみたいですよ」と意外な苦労話も飛び出したが、口ぶりは至って明るい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」