野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 生イチローに「高揚感で麻痺」 米記者が鮮明に記憶するレジェンドの“粋な計らい”

生イチローに「高揚感で麻痺」 米記者が鮮明に記憶するレジェンドの“粋な計らい”

メジャー通算3089安打を放ち、昨年3月21日に東京ドームで行われたアスレチックス戦で現役を引退したイチロー氏。日米で輝かしい功績を残したレジェンドへ寄せられる称賛の声は今もなお止むことがない。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」の記者ピーター・ボー氏は、イチロー氏にまつわる体験談を寄稿。「私の大好きな選手:イチロー」とのタイトルで、思いを綴っている。

日米通算4367安打を放ったイチロー氏【写真:Getty Images】
日米通算4367安打を放ったイチロー氏【写真:Getty Images】

ピーター・ボー記者は2010年にセントルイスで行われた試合でイチロー氏を生観戦

 メジャー通算3089安打を放ち、昨年3月21日に東京ドームで行われたアスレチックス戦で現役を引退したイチロー氏。日米で輝かしい功績を残したレジェンドへ寄せられる称賛の声は今もなお止むことがない。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」の記者ピーター・ボー氏は、イチロー氏にまつわる体験談を寄稿。「私の大好きな選手:イチロー」とのタイトルで、思いを綴っている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ボー氏は小学生の頃、イチロー氏のバッターボックス内で行う一連の動作の絵が描かれた弁当箱を持っていた。「私にはシアトルに住んでいる祖母がいる。祖母はイチローに関するあらゆるものを見つけてくれて、私に送ってくれた。シアトルタイムズ(地元紙)の切り抜きから本の伝記、そしてランチボックスまで」と振り返り、こう続けている。

「イチロー氏についての情報を復唱し、2001年ア・リーグ新人王になった経緯、2004年に262安打を記録した経緯を興味のないクラスメートたちに語るのが私の日課になっていた。2019年に引退するまで、彼は見事な才能を備え、驚くほど安定感があった」

 イチロー氏との最高の思い出は、ボー氏の母の厚意から生まれた。イチロー氏が所属していたマリナーズは2010年に敵地セントルイスで試合を行った。マリナーズとカージナルスは所属リーグが異なるため、対戦機会が約6年に1度。「そのため、私の母エリザベスは(マリナーズがカージナルスの本拠地で試合する日を)カレンダーに何か月も前から記していた」と振り返る。

 ボー氏は、打撃練習を見学して右翼スタンドで待機、右翼のポジションで試合の準備をするイチロー氏の名前を呼ぶという試合当日のプランを立てたという。「気を引くことができれば、もしかしたらボールを投げ込んでくれたり、ベースボールカードにサインをしてくれるかもしれない」と考えた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」