野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“解散”は突然に― 甲子園V経験のある名門校の決断、球児と指揮官の約束

政府は7日に緊急事態宣言を発令し、東京など7都道府県が対象となった。各地で外出禁止、学生たちは休校になるなど“我慢の時”が続く。高校野球では選抜が史上初の中止、そして春季大会も各地で中止が決定している。不安な思いを胸に最後の夏に向け、「球児たちの今」を伝えていく。

新型コロナウイルスの影響で活動停止となり選手のいないグラウンド【写真提供:報徳学園野球部】
新型コロナウイルスの影響で活動停止となり選手のいないグラウンド【写真提供:報徳学園野球部】

緊急事態宣言の対象となった兵庫・報徳学園は生徒たちが実家に戻り一時“解散”に

 政府は7日に緊急事態宣言を発令し、東京など7都道府県が対象となった。各地で外出禁止、学生たちは休校になるなど“我慢の時”が続く。高校野球では選抜が史上初の中止、そして春季大会も各地で中止が決定している。不安な思いを胸に最後の夏に向け、「球児たちの今」を伝えていく。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 今春の選抜出場は逃したが、昨秋の兵庫県大会で優勝した報徳学園も緊急事態宣言を受け、5月6日までの活動停止を決めた。福岡、熊本、岐阜など県外からやってきた寮生たちも一旦、帰省。“解散”状態となった。

 今回で2度目の自粛期間を迎える。大角健二監督は2月28日から3月19日の活動自粛を終え練習を再開した時は「私もビックリするぐらい3年生の動きが良かった。2年生が半分ぐらいレギュラーのチームですが、3年の目の色は違った」と振り返る。それだけに2度目の自粛期間を迎え「仕方のないことですが、さすがにショックは大きかった」と語る。

 終息の兆しが見えない新型コロナウイルス。夏の甲子園に向け、最も早く地方大会が始まるのは6月の沖縄。状況次第では夏の大会も危ぶまれていることは生徒たちも感じ取っている。そんな中、大角監督はチームの活動停止前に生徒たちに向け言葉をかけた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」