野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

山田久志、福本豊、ブーマーら名選手を多数輩出! 阪急の歴代ベストナインは?

阪急ブレーブスは1936年、日本プロ野球の創設時に創設された最古の球団の1つだった。阪急西宮球場を本拠地にして36年から46年まで阪急軍、戦後の47年から一瞬だけ阪急ベアーズ、その後すぐに改名された阪急ブレーブスとして88年まで52年間存在。67年からリーグ3連覇を達成し、上田利治監督が率いた75年から日本一3連覇するなど強豪チームとして球界を盛り上げた。今回は独自の見解で賛否両論あるとかと思うが、阪急ブレーブスのベストナインを選出していきたい。

阪急で活躍した山田久志氏(左)と福本豊氏【写真:荒川祐史、Getty Images】
阪急で活躍した山田久志氏(左)と福本豊氏【写真:荒川祐史、Getty Images】

投手陣は山田久志、米田哲也、梶本隆夫ら大物ズラリ、一塁手はブーマーと加藤秀司の難しい選択

 阪急ブレーブスは1936年、日本プロ野球の創設時に創設された最古の球団の1つだった。阪急西宮球場を本拠地にして36年から46年まで阪急軍、戦後の47年から一瞬だけ阪急ベアーズ、その後すぐに改名された阪急ブレーブスとして88年まで52年間存在。67年からリーグ3連覇を達成し、上田利治監督が率いた75年から日本一3連覇するなど強豪チームとして球界を盛り上げた。今回は独自の見解で賛否両論あるとかと思うが、阪急ブレーブスのベストナインを選出していきたい。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 先発投手は優勝への貢献度で山田久志を推したい。山田は大豊作だった68年ドラフトで入団。史上最高のサブマリンとされ284勝。MVP3回。米田哲也は史上2位の350勝、梶本隆夫は左腕史上2位の254勝、足立光宏はサブマリンで187勝に67年MVP。すごいのはこの4人が同時期に在籍していたことだ。米田と山田に絞られるが、ここは山田だろう。

 救援投手は山口高志としたい。阪急はキャリアを通じてのリリーフ専門投手はいなかったが、山口は剛速球で一斉を風靡。セーブ制度が導入される74年以前に先発、救援で活躍をしたのが石井茂雄、セーブ制が導入されるとエースの山田久志がクローザーになって11セーブを挙げた。その後、先発だった山口が救援に回って78年には14セーブを挙げて最多セーブを獲得する。そして山口に代わって下積みの長かった佐藤義則がクローザーになった。

 捕手は中沢伸二か。日比野武は戦前からの正捕手。のち西鉄に移籍する。山下健は2リーグ分立時から15シーズンにわたってマスクを被った。岡村浩司は米田、山田ら大投手の球を受け、69年にベストナイン。中沢は岡村の後任として活躍し、ベストナイン2回。リードと守備に定評があり、78年にはダイヤモンドグラブ賞も獲得した。ここは阪急で最も多くの試合にマスクを被った中沢としたい。

 一塁手は難しい選択となった。川合幸三は50年から一塁手で守備でも貢献。54年にベストナインを受賞した。岡本健一郎は選球眼の良い一塁手だった。57年にベストナインを受賞した。加藤秀司は黄金の1968年ドラフト世代。打点王3回、首位打者2回とタイトルを獲得し、1975年にはMVPを受賞。全盛期の主軸打者だった。ブーマー・ウェルズは身長2メートルの巨漢だが、巧打が光った。本塁打王1回、打点王4回、首位打者2回。1984年には3冠王、MVPを受賞した。加藤とブーマー、悩ましい選択だが、インパクトの強さではブーマーだろう。

 二塁手は優秀な外国人二塁手が多かった。キューバ出身のロベルト・バルボンは愛称チコ。俊足で鳴らし、1958年から3年連続盗塁王。ダリル・スペンサーはMLB通算105本塁打の強打者。来日2年目の65年に38本塁打を放ち、阪急での7シーズンで152本塁打を記録した。ロベルト・マルカーノはメジャーでのプレーはなかったが、阪急の野球に順応。78年に打点王に輝いた。福良淳一は前オリックス監督。阪急時代の1988年にベストナインを受賞している。スペンサーとマルカーノで悩むが、打撃でダリル・スペンサーを選びたい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」