野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

坂本勇人の最年少2000安打厳しく… 試合数減少で影響受ける記録の数々

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となっている日本のプロ野球。このほど交流戦の中止が正式に決定し、予定されていた143試合から、最大でも125試合に試合数が減ることになった。今後の状況次第では更なる試合数減もあり得るかもしれないだろう。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

最年少2000安打のためには坂本は7月29日までに116安打が必要

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となっている日本のプロ野球。このほど交流戦の中止が正式に決定し、予定されていた143試合から、最大でも125試合に試合数が減ることになった。今後の状況次第では更なる試合数減もあり得るかもしれないだろう。

【一覧】坂本だけじゃない? ロッテ・鳥谷、阪神・福留、西武・中村らも… 2020年シーズンに達成のかかる主な記録

 試合数の減少によっては様々な影響が生じることになるだろうが、その1つが選手たちの通算成績だ。今季中の達成が見込まれる節目の記録は数多くあるが、試合数の減少により、それが難しくなりそうなものもある。そこでここでは今季中の達成が見込まれる節目の記録をピックアップ。試合数の減少により、達成に影響が出そうな記録に注目してみる。今回は打者編だ。

・2000安打
福留孝介(阪神)残り103安打
坂本勇人(巨人)残り116安打
・1500安打
中村剛也(西武)残り33安打
大島洋平(中日)残り58安打
坂口智隆(ヤクルト)残り92安打

 名球会の入会条件でもある2000安打。福留は既に日米通算2000安打は達成しており、NPBでの2000安打まで残り103安打となっている。昨季は89安打。まもなく43歳となる球界最年長選手だけに休養を挟みながらの出場となりそうで達成はやや厳しいか。

 史上最年少での2000安打到達がかかる坂本は残り116安打。125試合のシーズンであれば今季中の達成はほぼ確実だろうが、榎本喜八の持つ31歳7か月16日の史上最年少記録はほぼ不可能か。最年少記録のためには今年7月29日までに2000本に到達する必要がある。6月1日に開幕したとして、7月29日まででは試合数は60試合にも満たないはず。その中で116安打を打つのは至難の業となるだろう。

・2000試合出場
内川聖一(ソフトバンク)残り23試合
福留孝介(阪神)残り134試合
・1500試合出場
細川亨(ロッテ)残り73試合
嶋基宏(ヤクルト)残り98試合
坂口智隆(ヤクルト)残り118試合

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」