野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー氏から「会いたい」 鑑定家・前野重雄さん“お宝”スポーツグッズの世界

イチロー氏から「会いたい」 鑑定家・前野重雄さん“お宝”スポーツグッズの世界

4年に1度のオリンピックには、スポーツファンのみならず、世界中の“お宝マニア”が熱い視線を注ぐ。特に、新型コロナウイルスの感染拡大で来年7月23日開幕に延期された東京五輪は、世界的にもいまだかつてない注目を浴びる大会になるという。テレビ番組出演などで著名なスポーツグッズ鑑定家、前野重雄さんが自身の“鑑定の法則”を初公開するとともに、昨年3月に現役引退したイチロー氏との知られざる交流も明かす。

スポーツグッズ鑑定家の前野重雄さん【写真:宮脇広久】
スポーツグッズ鑑定家の前野重雄さん【写真:宮脇広久】

田村亮子が金を獲得したシドニー五輪の畳に120万円、高橋尚子金のタイム表示板に80万円…

 4年に1度のオリンピックには、スポーツファンのみならず、世界中の“お宝マニア”が熱い視線を注ぐ。特に、新型コロナウイルスの感染拡大で来年7月23日開幕に延期された東京五輪は、世界的にもいまだかつてない注目を浴びる大会になるという。テレビ番組出演などで著名なスポーツグッズ鑑定家、前野重雄さんが自身の“鑑定の法則”を初公開するとともに、昨年3月に現役引退したイチロー氏との知られざる交流も明かす。

 かつて、某民放テレビ局が主催し、前野さんも出演した年末チャリティーオークションでのこと。田村亮子が2000年シドニー五輪柔道女子48キロ級で、金メダルを獲得した時に使用された畳に120万円。同五輪マラソン女子で、高橋尚子が金メダルに輝いた際のタイム表示板に80万円の値が付いた。「タイム表示板は、リセットされていたことが残念でした。もし、Qちゃん(高橋)のゴールタイム(2時間23分14秒=当時の五輪記録)のままなら、もっと高かった」と前野さんは笑う。

 もっとも、これらはいわば“バブル”的な人気。前野さんの鑑定家としての基本戦略は、「五輪ものには手を出すな」だという。なぜなら、五輪はあくまで“アマチュアの祭典”だからだ。

「夏季であれ冬季であれ、金メダルを取った直後こそ騒がれますが、忘れられるのも早く、関連グッズの価値が下がるのも早い。あれほど輝いていた浅田真央さんも、今はそれほどでもない。羽生結弦にしても、今が“天井”かな、と僕はみています。プロ選手と違い、アマチュア選手は“宣伝部門”がないか、非常に脆弱で、人気維持のシステムを持たないことがその一因です」と説明。だから、「五輪関連グッズは、長く持つのには向かない。上下動の激しいベンチャー企業株のように、短く勝負して売り逃げるようなやり方はできるかもしれないが、僕は価値の安定した資産株的なものをお勧めしています」と言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」