野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • JERA セ・リーグ
  • 【私が野球を好きになった日4】日ハム名物実況「“ゴーンヌ”は言い続けることが大事」 MLB打点王から学んだ“極意”

【私が野球を好きになった日4】日ハム名物実況「“ゴーンヌ”は言い続けることが大事」 MLB打点王から学んだ“極意”

Full-Countでは選手や文化人、タレントら野球を心から愛し、一日でも早く事態の収束を願う方々を取材。野球愛、原点の思い出をファンの皆さんと共感してもらう企画「私が野球を好きになった日」の第4回はスポーツ専門チャンネル「GAORA」でスポーツアンカーを務める近藤祐司さん。日本ハム主催試合での決め台詞「イッツゴーンヌ(It's gone)」など“英語実況”でお馴染みの近藤さんの原点に迫った。

スポーツ専門チャンネル「GAORA」でスポーツアンカーを務める近藤祐司さん【写真:石川加奈子】
スポーツ専門チャンネル「GAORA」でスポーツアンカーを務める近藤祐司さん【写真:石川加奈子】

スポーツアンカー近藤祐司さんはホワイトソックス専属アナウンサーから大きな影響を受けた

 Full-Countでは選手や文化人、タレントら野球を心から愛し、一日でも早く事態の収束を願う方々を取材。野球愛、原点の思い出をファンの皆さんと共感してもらう企画「私が野球を好きになった日」の第4回はスポーツ専門チャンネル「GAORA」でスポーツアンカーを務める近藤祐司さん。日本ハム主催試合での決め台詞「イッツゴーンヌ(It’s gone)」など“英語実況”でお馴染みの近藤さんの原点に迫った。

【動画】「イッツゴーンヌ」、「ワンツースリー」…日ハム名物実況のキャッチフレーズはどう生まれたのか?

 1997年にスポーツアンカーに転身し、2000年に番組プロデューサーに勧められて2004年から野球実況をスタートさせた。

「スポーツ局のプロデューサーから『野球もできるんじゃないか』と言われたのが2000年。そこから野球を勉強して、一番最初にやったのが2004年でした。その辺りから、中継の仕事が自分の中でやりがいを感じるようになりました。そこからですね。中継として生きていこうと思ったのは。いわゆる生放送で生きていこうと」

 15年から日本ハム主催試合の実況を担当。高校時代まで過ごした米国で培った語学力を生かし、本塁打を「イッツゴーンヌ」、3者凡退を「ワン、ツー、スリー」など大リーグの現地中継のように実況する。野球ファンにはすっかりお馴染みとなったが、その“きっかけ”がホワイトソックス専属アナウンサーを長く務めていたケン・ハレルソン氏との出会いだ。

「野球の実況を頼まれた時に、いろんなアナウンサーを聞くことから始めました。当時は井口資仁さん(現ロッテ監督)がメジャーでプレーさせていた時で、ホワイトソックス戦の実況を聞くことが多かったんです。そしたら本塁打を打った時やファインプレーをした時に決め台詞があって『なんか個性的なアナウンサーがいるな。米国でも珍しいな』と……」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」