野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 王かバースか落合か… 84年で7人しかいない3冠王で“最強の3冠王”は?

王かバースか落合か… 84年で7人しかいない3冠王で“最強の3冠王”は?

3冠王とは同一シーズンに首位打者、本塁打王、打点王を1人の打者が獲得することだ。打者の最高の栄誉とされるが、難易度は極めて高い。NPBの84年の歴史の中で、7人の打者が11回記録しただけだ。そこで11例の3冠王を成績に注目し「3冠王の中の3冠王」を選んでみたい。()は2位との差だ。

ランディ・バース氏(左)と王貞治氏【写真:荒川祐史、Getty Images】
ランディ・バース氏(左)と王貞治氏【写真:荒川祐史、Getty Images】

王貞治は史上初めて2年連続で3冠王に輝いた打者

 3冠王とは同一シーズンに首位打者、本塁打王、打点王を1人の打者が獲得することだ。打者の最高の栄誉とされるが、難易度は極めて高い。NPBの84年の歴史の中で、7人の打者が11回記録しただけだ。そこで11例の3冠王を成績に注目し「3冠王の中の3冠王」を選んでみたい。()は2位との差だ。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

○1938年秋:中島治康(巨人)
打率.361(.041)10本(5)38打点(4)
 戦前唯一の3冠王となった中島治康。ただ、プロ野球は1938年までは2シーズン制で個人成績も別々だった。この記録は40試合制で記録されたもの。この記録を他の1年を通しての3冠王と同列で比較することは難しいため、参考記録とする。

○1965年:野村克也(南海)
打率.320(.009)42本(4)110打点(22)
 1953年から58年までの6年間で中西太(西鉄)が4度、2冠王になり戦後初の3冠王は間違いないと言われたが、結局、3冠王には届かなかった。そして、野村が1965年に戦後初の3冠王に。阪急スペンサーとデッドヒートとなったが、シーズン終盤にスペンサーが事故に遭って離脱。野村が3冠王となった。野村は通算打率.277とアベレージヒッターではない。キャリアで1度だけ獲得した首位打者が3冠王に繋がった。

○1973年:王貞治(巨人)
打率.355(.042)51本(14)114打点(24)
 王は1962年から72年までの11シーズンで10回2冠王を獲得。この間で王の3冠王を阻止したのはチームメイトの長嶋茂雄であり、広島の森永勝也、中日の江藤慎一や中暁生(利夫)、ヤクルトの若松勉だった。巨人V9の最終年の1973年、ついに王はセ・リーグで初の3冠王に。打率、本塁打、打点共に2位を大きく引く離す圧勝だった。

○1974年:王貞治(巨人)
打率.332(.010)49本(4)107打点(12)
 巨人の連覇が9で途絶え、そして長嶋茂雄が引退した1974年。阪神の田淵幸一がキャリアハイの45本を打ったが、王は田淵を振り切って2年連続の3冠王となった。打点でも田淵が2位だったが、田淵に12打点の差をつけていた。この年、王は158四球、45敬遠という驚異的なNPB記録も樹立。まともに勝負してもらえない中での3冠王だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」