ファンが選んだ12球団“最強助っ人”は? 巨人は“バンザイ”男と屈指のリリーバー

圧倒的な票を集めたウォーレン・クロマティ氏(左)とスコット・マシソン【写真:荒川祐史、福谷佑介】
圧倒的な票を集めたウォーレン・クロマティ氏(左)とスコット・マシソン【写真:荒川祐史、福谷佑介】

マシソンは53%、クロマティは85%もの票を集める

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となっているプロ野球。なかなか開幕が訪れずに“野球ロス”になっているファンの方々も多いだろう。そんなファンの人たちに少しでも“野球ロス”を埋めていただきたく、Full-Count編集部ではファンの人たちと一緒になって楽しめる企画を検討してきた。

 そこでツイッター上では12球団の“歴代最強助っ人”アンケートを実施。編集部の独断で各球団の助っ人投手、助っ人打者で特に印象深い選手を4人ずつ選出(NPB他球団からの直接の移籍加入選手は除いた)。そこからファンに投票してもらい“歴代最強助っ人”を決定した。第12回は巨人編だ。

 1934年に大日本東京野球倶楽部として誕生した読売ジャイアンツ。日本球界で最古の球団でその球団の歴史は86年にもなる。数々の名選手がプレーし、助っ人外国人選手たちも数多く在籍、活躍してきた。

 4人の候補を絞り込むのも困難だった“最強助っ人”選考。その中でトップの得票を集めたのは投手がスコット・マシソン、そして野手がウォーレン・クロマティ。マシソンは53%、クロマティは実に85%もの圧倒的な票を集めた。

マシソンもクロマティも巨人一筋で長年プレーした

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY