元巨人・仁志敏久氏、江戸川大客員教授に! 初授業はオンライン「僕の方が学んでいます」

自身の研究室からオンライン授業を行った仁志敏久氏【写真:宮脇広久】
自身の研究室からオンライン授業を行った仁志敏久氏【写真:宮脇広久】

自粛アマ選手に金言「野球の技術は、全体練習ではうまくならない」

 元巨人内野手の仁志敏久氏が江戸川大学(千葉県流山市)の客員教授に就任し、14日にオンラインで初授業を行った。同大学では新型コロナウイルスの感染拡大をうけて新年度の授業開始が遅れていたが、この日オンライン限定でスタートした。

 仁志氏は常総学院高、早大、日本生命を経て、1995年ドラフト2位(逆指名)で巨人入り。強打の1番打者として活躍する一方、華麗な二塁守備でゴールデングラブ賞に4度輝いた。2007年から3年間は横浜(現DeNA)、10年には米独立リーグでもプレーした。

 現役引退後は、同い年の小久保裕紀監督の下で侍ジャパンの内野手守備走塁コーチを務め、15年のプレミア12、17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第4回大会に参戦。その傍ら、14年から現在に至るまで、U-12(12歳以下)侍ジャパン監督を務めている。また、筑波大の大学院でコーチングを学び、16年3月に人間総合科学研究科の修士課程を修了。今年4月1日付けで、江戸川大学社会学部経営社会学科の客員教授に就任した。侍ジャパンでの指導経験や大学院での学習成果を生かし、「スポーツ指導者論1」の授業を14回(1回100分)担当する。

現12歳以下侍ジャパン監督、筑波大大学院を修了

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY