野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団で“過小評価”されている野手は誰? セイバーメトリクスの指標で分析

野球を客観的に分析する手法の1つとして、球界でも活用されているセイバーメトリクス。様々なデータを活用し、科学的かつ合理的に分析しようとするもので、メジャーリーグのみならず、今では日本のプロ野球でも駆使されている。

中日・福田永将(左)と西武・外崎修汰【写真:荒川祐史】
中日・福田永将(左)と西武・外崎修汰【写真:荒川祐史】

12球団で最も打撃指標に優れるのは広島の鈴木誠也

 野球を客観的に分析する手法の1つとして、球界でも活用されているセイバーメトリクス。様々なデータを活用し、科学的かつ合理的に分析しようとするもので、メジャーリーグのみならず、今では日本のプロ野球でも駆使されている。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 そのセイバーメトリクスの中には様々な「WAR」や「wRC+」「tRA」といった指標がある。「WAR」は選手個々の勝利貢献値を表し、同じ出場機会を代替可能水準(控えレベル)の選手が出場した場合に比べて、どれだけチームの勝利数を増やしたかを示すもの。「wRC+」は打撃傑出度とされ、リーグ平均の打者を100とし、打席あたりの得点創出の多さを表す。そして「tRA」は投手の指標で、守備から独立した部分での防御率を表す。必ずしもこれらが“絶対”というわけではないが、野球をより多角的に見る、選手を客観的に評価する材料として面白いものだ。

 そこでここでは、株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを用いて昨季の成績を分析し、日本のプロ野球界で“過小評価”されている選手をピックアップしてみたい。まずは野手だ。なお、MLBで見ると、野手でWARやwRC+で上位に入るのはトラウトやブレグマン、イエリッチ、ベリンジャーら、投手でもWARやtRAで上位に来るのはゲリット・コールやマックス・シャーザー、ジェイコブ・デグロム、ステフェン・ストラスバーグなど錚々たる顔ぶれになり、その選手たちの働きを反映するものとなっている。

 まず、野手でも特に打撃に特化してみよう。打撃傑出度を示す「wRC+」で12球団トップ(100打席以上)なのは広島・鈴木誠也外野手。「wRC+」は全選手でも群を抜く「179」で他の平均的な打者に比べて1.79倍、得点を生む選手であることを示す。2位はソフトバンクの柳田悠岐外野手とオリックスの吉田正尚外野手(168)。さらに、ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(167)、西武の森友哉捕手(162)と続き、やはりトップ10には球界を代表する、錚々たる顔ぶれが並ぶ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」