野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 元横浜・森大輔氏、高校野球指導者デビューお預けも燃える情熱「イップスは治る」

元横浜・森大輔氏、高校野球指導者デビューお預けも燃える情熱「イップスは治る」

元横浜(現DeNA)の森大輔氏は、新型コロナウイルスの影響で高校野球指導者の本格デビューがお預けとなっている。18年12月に高校生や大学生を指導するために必要な学生野球資格を取得。医療機器メーカー「白寿生科学研究所」で働く傍ら、今年4月から七尾東雲高(母校の七尾工と七尾商、七尾農を移行)でコーチとして本格的に活動する予定だったが、5月末までチーム活動は見通せていない。まさかのスタートとなったが、「高校野球もプロ野球も早く始まってほしい。少しでも野球界に恩返しをできたら」と闘志を燃やしている。

元横浜(現DeNA)の森大輔氏(右)【写真:本人提供】
元横浜(現DeNA)の森大輔氏(右)【写真:本人提供】

2003年ドラフトで横浜入りした森大輔さんは新型コロナ禍で高校野球のコーチデビューがお預けに

 元横浜(現DeNA)の森大輔氏は、新型コロナウイルスの影響で高校野球指導者の本格デビューがお預けとなっている。18年12月に高校生や大学生を指導するために必要な学生野球資格を取得。医療機器メーカー「白寿生科学研究所」で働く傍ら、今年4月から七尾東雲高(母校の七尾工と七尾商、七尾農を移行)でコーチとして本格的に活動する予定だったが、5月末までチーム活動は見通せていない。まさかのスタートとなったが、「高校野球もプロ野球も早く始まってほしい。少しでも野球界に恩返しをできたら」と闘志を燃やしている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 七尾工3年夏の石川県大会で23奪三振のノーヒットノーランを記録し、「能登のドクターK」と注目を浴びた。一昨年冬に学生野球資格を取得し、石川・羽咋工高の臨時コーチとして活動。今春から七尾工時代の恩師・門木監督が率いる七尾東雲高でコーチとして本格的に活動をスタートさせようとしたところでの新型コロナウイルスが直撃した。

「4月から高校生を見られたらいいなと思っていたんです。高校時代の監督である門木先生に誘っていただいて。まずは週1、2回のペースで高校へ行こうかと思っていたんですが……。ただ、こればかりは仕方ないですね」

 現役時代は故障との闘いだった。社会人野球・三菱ふそう川崎(現在は解散)の3年目の2003年2月。「松坂さんがキャンプで365球を投げ込んだことに影響されて投げ込んだら、投球フォームを崩してしまった」と左肘を痛めた。2003年ドラフト会議で自由獲得枠で入団した横浜では投球障害・イップスに苦しみ、プロ生活はわずか3年。1軍登板なしで戦力外通告を受けた。

「いつも自分との闘いになっていました。投げる前に不安になっていた。死球を当てたらとか、カウントを崩したらとか。打者と勝負してないんですよ。それは打者に打たれるのは当然ですよね。本当に何もできなかった」

 プロ野球選手として全うできなかった。不甲斐ない思いがあるからこそ、同じイップスに苦しむ選手を生みたくない。指導者として燃えるような情熱がある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」