野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム中田が言葉に変えた「感覚」 栗山監督が説いた「みんなの力」の意味

プロ野球開幕を心待ちにしながら日本ハムの取材ノートを整理していたら、思い出深い言葉を再発見した。「F取材ノート~心に残ったあの言葉」として改めて紹介したい。今回は主砲の中田翔内野手だ。

日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】
日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】

中田が語った「ボールのちょっと下にバットを入れてあげるという感覚かな」

 プロ野球開幕を心待ちにしながら日本ハムの取材ノートを整理していたら、思い出深い言葉を再発見した。「F取材ノート~心に残ったあの言葉」として改めて紹介したい。今回は主砲の中田翔内野手だ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「ボールのちょっと下にバットを入れてあげるという感覚かな」

 オープン戦1号を放った今年3月1日の本拠地オリックス戦後に披露した打撃理論の一端。例年より軽く振っているように見えるのに、飛距離は出ている。打撃がどう変わったのかという質問に対して、必死に言葉を探そうとする姿が印象的だった。「もちろん力を入れて振りにいくけれども、ボールを捉えにいく中で自分の感覚がちょっと変わりつつあるというか。なんて言えばいいかわからないけど……自分の感覚の問題なんでね」と言った後に続けたのが冒頭の言葉だった。

 選手が技術論に触れる時、最終的に「感覚」で終わってしまうことも少なくない。だが、この日の中田はより適切な表現を模索した。「今もボールをしばきにいく感覚はあるけど、その中でもちょっとなんだろう……。ヘッドを使う、ヘッドを立てる感覚があるんでね。昔は正直、力だけで飛ばしていた感覚だったけど。その辺はちょっと変わりつつあるのかな。まだ完璧ではないし、油断していたら今後どうなるかわからないけど、そういう風にはなりつつあるかな」。取材ノートに並ぶ文字を見ると、わかりやすい言葉を絞り出そうと一生懸命考えてくれていることがわかる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」