野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元日ハム・ミラバル氏、現役復帰の思い明かす 新型コロナで「全てがストップ」

チームの中心選手として期待され、日本球界に降り立つ外国人選手。4つしかない外国人1軍登録の枠は、ポジション争いとはまた別の争いになるし、言語の壁や文化の違いによる苦悩も計り知れない。そんな日本球界をサヴァイブし、あらゆる分野で現在活躍する外国人OB選手に、日本プロ野球外国人OB選手会の協力のもと話を聞く。

日本ハムで活躍したカルロス・ミラバル氏【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハムで活躍したカルロス・ミラバル氏【画像:パーソル パ・リーグTV】

まだまだ現役でやりたい、球界復帰を目指す47歳のミラバル氏

 チームの中心選手として期待され、日本球界に降り立つ外国人選手。4つしかない外国人1軍登録の枠は、ポジション争いとはまた別の争いになるし、言語の壁や文化の違いによる苦悩も計り知れない。そんな日本球界をサヴァイブし、あらゆる分野で現在活躍する外国人OB選手に、日本プロ野球外国人OB選手会の協力のもと話を聞く。

【PR】名作野球アニメやドキュメンタリー作品も充実 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 初回は、日本ハムで2000年から2005年まで投手として活躍したカルロス・ミラバル氏だ。

――現在は?

「ニューヨークに住んでいて、新型コロナウイルスの感染拡大以前は、小さい子どもたちからプロレベルの選手たちに向けて野球とソフトボールのコーチをしています。それと同時に、現役としてのプレー復帰も目指していました」

――独立リーグでの復帰?

「それはわかりません……新型コロナウイルスの状況次第です。今は全てがストップしているという状況です」

――ミラバル氏はJRFPA(日本プロ野球外国人OB選手会)のディレクター(理事)として活動、この職に就いたきっかけと活動内容は?

「私とウィリアム・ブルックス(JRFPA発起人)でさまざまなことを計画しています。Tシャツなどの記念グッズを作ったり、テレビゲームやカードゲームに過去の外国人OB選手を加えたり。そのようなアイデアを企業様と共に話したりしています。他にも外国人OB選手を呼んでのイベントなど、たくさんのアイデアをウィリアムと話しています。

 あとは、他の外国人OB選手への声がけなども行なっています。外国人OB選手とファンとの接点を作ったりなど、できることはなんでもやろうと思って活動しています」

――2人の活動を楽しみにしているファンは多い

「ありがとうございます」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」