野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

フジ宮司愛海アナが野球に魅了された日 懐かしき福岡ドームと奥深き「配球論」

【私が野球を好きになった日21】  本来ならば大好きな野球にファンも選手も没頭しているはずだった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で各カテゴリーで開幕の延期や大会の中止が相次ぎ、見られない日々が続く。Full-Countでは選手や文化人、タレントら野球を心から愛し、一日でも早く蔓延する新型コロナウイルス感染の事態の収束を願う方々を取材し、野球愛、原点の思い出をファンの皆さんと共感してもらう企画をスタート。「私が野球を好きになった日」の第21回は、フジテレビでスポーツニュース番組「S-PARK」などを担当する人気女性アナウンサーの宮司愛海さんだ。

フジテレビ「S-PARK」などを担当する宮司愛海アナウンサー【写真提供:フジテレビ】
フジテレビ「S-PARK」などを担当する宮司愛海アナウンサー【写真提供:フジテレビ】

宮司アナが野球に触れたのは小学生の頃のダイエーホークス

【私が野球を好きになった日21】
 本来ならば大好きな野球にファンも選手も没頭しているはずだった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で各カテゴリーで開幕の延期や大会の中止が相次ぎ、見られない日々が続く。Full-Countでは選手や文化人、タレントら野球を心から愛し、一日でも早く蔓延する新型コロナウイルス感染の事態の収束を願う方々を取材し、野球愛、原点の思い出をファンの皆さんと共感してもらう企画をスタート。「私が野球を好きになった日」の第21回は、フジテレビでスポーツニュース番組「S-PARK」などを担当する人気女性アナウンサーの宮司愛海さんだ。

 福岡県福岡市出身の宮司さんにとって、野球との出会いは当然、地元の雄であるホークスだった。当時はまだダイエーホークスの時代。王貞治球団会長が監督としてチームを率い、工藤公康監督や小久保裕紀、城島健司、井口資仁、松中信彦ら錚々たるメンバーが活躍していた頃だった。

「野球は小さいころから身近にありました。テレビでホークスの試合を見ていたのが野球との出会いです。小学校低学年の頃から、ドームに野球を見に行くこともありました。今から20年くらい前ですね。ルールはあまり分かっていませんでしたが、球場の雰囲気が好きでした。選手の応援歌に合わせてメガホンを叩いたり、声を出して応援したり、あの一体感が好きでした。」

 お気に入りは鳥越裕介内野手(現ロッテヘッドコーチ)の応援歌だった。「鳥越さんの応援歌が好きだったのを覚えています。今、ロッテのコーチをされていて、直接お話をさせていただくこともあったのですが、感慨深かったですね。まさか、あの時応援歌を歌っていた自分が20年後に実際にご本人とお話をさせていただけるとは思ってもいなかったので……」。20年の時を経て、実際に鳥越コーチと話せたことは驚きだった。

 とはいえ、宮司さんはフジテレビに入社するまでは、あまりルールなどは分かっていなかったという。早稲田大出身で早慶戦の応援に何度も行っていたが、もっぱら“雰囲気”重視。「球場の雰囲気を楽しみに行っていましたね。外で飲むビールが凄く爽快で好きで、試合に没入するというよりも雰囲気を楽しむ方でした」。大きな転機となったのはフジテレビ入社、そして「S-PARK」の担当になったことだった。

「スコアブックを書きながら試合を見ると、記録に残らない駆け引きだったり、奥深さがありますよね。試合を通しての流れを感じながら見るというのは凄く面白いことだと思いました」。2018年4月から「S-PARK」を担当するようになり、野球の奥深さ、難しさを痛感。それと共により一層、野球の面白みが分かるようになった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」