野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、紅白戦初戦で見えた起用プラン 左翼バレンティンで膨らむ起用の幅

ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームで全体練習を再開し、初の紅白戦を実施した。その後、プロ野球の今季の開幕が6月19日となることが決定。いよいよ、本格的に開幕に向けて動き出すことになった。

紅白戦に4番左翼で出場したソフトバンクのウラディミール・バレンティン【写真:福谷佑介】
紅白戦に4番左翼で出場したソフトバンクのウラディミール・バレンティン【写真:福谷佑介】

25日に再開された紅白戦で左翼で出場したバレンティン

 ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームで全体練習を再開し、初の紅白戦を実施した。その後、プロ野球の今季の開幕が6月19日となることが決定。いよいよ、本格的に開幕に向けて動き出すことになった。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 そのソフトバンクがオリックスとともに12球団の先陣を切って行った紅白戦。5イニング制で行われた一戦には松田宣浩内野手や柳田悠岐外野手といった主力組も出場して活気ある雰囲気の中で行われ、工藤公康監督も「今のところ順調にきていると思う。動きも、元気があって良かったと思う」と選手たちの動きに納得の表情を浮かべていた。

 ここからソフトバンクは4試合の紅白戦を予定している。さらに2日から行われる12試合の練習試合も通して開幕に向けて様々な確認をしていくことになる。この日はまだ最初の紅白戦だが、それでも、今季の戦い方で見えたところもある。

 その1つが新加入のバレンティンの起用法だ。この日の紅白戦でバレンティンは左翼の守備位置に就いた。3月のオープン戦、練習試合では指名打者としてしか出場していなかった。工藤監督は「とりあえず僕らの意向がある。バレはレフトを基本守ってもらうことを考えている」と語り、バレンティンを左翼で起用する考えを示した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」