野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、紅白戦初戦で見えた起用プラン 左翼バレンティンで膨らむ起用の幅

ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームで全体練習を再開し、初の紅白戦を実施した。その後、プロ野球の今季の開幕が6月19日となることが決定。いよいよ、本格的に開幕に向けて動き出すことになった。

「帰ってきてデスパイネがDHになれば、バレンティンがレフト守る」

 ソフトバンクにはデスパイネ、グラシアルというキューバ人助っ人がいるが、現在、母国キューバに滞在中。新型コロナウイルスの感染拡大の影響でキューバから出国できず、現時点では来日のメドは立っていない。開幕には間に合わない見込みで、バレンティンにかかる期待は大きくなる。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 工藤監督は「外国人のデスパイネ、グラシアルが戻ってくるというところに関しては考えている中で、基本はレフトを守ってもらったほうがいい。基本はそこだろうと。帰って来られない状況の中でDHは考えるけど、帰ってきてデスパイネがDHになれば、バレンティンがレフトを守る」と語り、デスパイネ、グラシアルとの併用を考えた上でのバレンティンの左翼起用であることを示した。

 デスパイネ、グラシアルを欠く開幕時はバレンティンがDHとなる可能性はあるが、例えば、ベテランの長谷川勇也と左翼とDHを交互に起用するなど起用の幅ができる。さらには上林誠知や中村晃、アピール中の栗原陵矢らを右翼や左翼、DHとしてバレンティンと併用することも可能になる。

 デスパイネ、グラシアルという主砲2人を開幕から欠くことになるソフトバンク。だが、バレンティンを左翼としても起用できることで、ファンにとっては様々な起用の楽しみがもたらされるかもしれない。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」