野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元ヤクルト助っ人リグス氏が語る日本愛 活躍を支えたラミレス監督の存在

ヤクルトで2005年から4年間、強打の内野手として活躍したアダム・リグス氏が、Full-Countのインタビューに応じた。本塁打を放った際にお笑い芸人・猫ひろしの一発ギャグ「ニャー」のものまねを繰り出すのが“お約束”で人気を集めたリグスさんが、日本での全てを明かす。

当時ヤクルトのラミレス監督、広島のラロッカ氏と写真に収まるアダム・リグス氏(右)【写真:本人提供】
当時ヤクルトのラミレス監督、広島のラロッカ氏と写真に収まるアダム・リグス氏(右)【写真:本人提供】

「ラミレスがいなかったら、3か月以上は日本にいられなかった」

 ヤクルトで2005年から4年間、強打の内野手として活躍したアダム・リグス氏が、Full-Countのインタビューに応じた。本塁打を放った際にお笑い芸人・猫ひろしの一発ギャグ「ニャー」のものまねを繰り出すのが“お約束”で人気を集めたリグスさんが、日本での全てを明かす。

【画像】「泣いてしまう」「字が上手で素敵」神宮球場のメッセージにファンが涙した実際のスケッチブック

「日本でプレーしたのは、間違いなく正解でした。日本で過ごした4年間が、私の人生で最高の4年間と言っても過言ではありません。最も良かったのは、生涯の友達をたくさん作れたことです」

 熱く語るリグスさんは現在、米テキサス州ヒューストン郊外のザ・ウッドランズという街でプロアスリートの“第2の人生”をサポートする会社を営むかたわら、デイリークイーン(米大手ファーストフードチェーン)の店舗も経営している。現在47歳。「日本での4年間の経験から、自分と異なる文化や背景を持つ人々に共感できるようになりました。この経験を生かして現役、OBを問わず、さまざまプロスポーツ選手を日本に招き、イベントやテレビに出演させることができたらいいですね」とプランを描いている。

 メジャーリーグでは実働4年で通算61試合出場とパッとせず、32歳でヤクルト入りした。1年目の2005年は、当初こそ日本の投手に戸惑って開幕2軍スタートとなったが、徐々に順応。規定打席数には足りなかったものの、打率.306、14本塁打をマークした。圧巻だったのは翌2006年で、当時の古田敦也プレーイングマネジャーに“バントをしない2番打者”として起用され、打率.294、39本塁打、94打点と大活躍。オフには新たに2年契約を勝ち取った。

「日本と米国の1番大きな違いは投手でした。私がメジャーでプレーしていた頃、大多数の投手はシンカー、スライダー、チェンジアップくらいしか投げませんでした。しかし日本では、ほとんどの投手がフォーシームの真っすぐ、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークボールを投げてきました。米国ではストレートさえ打てれば成功できましたが、日本ではそうはいきませんでした」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」