野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元鷹ファルケンボーグ氏が語る“今”と福岡の魅力 「本当に特別な場所」

現在もあらゆる分野で活躍する外国人OB選手に、日本プロ野球外国人OB選手会の協力のもとで話を聞く本連載。日本球界に寄せる思い、“あの場面”のエピソード、当時の同僚たちへのゆるがない敬愛など、我々の胸を熱くさせた言葉の数々をご紹介したい。

ソフトバンク、楽天でプレーしたブライアン・ファルケンボーグさん【画像:パーソル パ・リーグTV】
ソフトバンク、楽天でプレーしたブライアン・ファルケンボーグさん【画像:パーソル パ・リーグTV】

現在はアリゾナで不動産関係のビジネスを手かげるファルケンボーグ氏

 現在もあらゆる分野で活躍する外国人OB選手に、日本プロ野球外国人OB選手会の協力のもとで話を聞く本連載。日本球界に寄せる思い、“あの場面”のエピソード、当時の同僚たちへのゆるがない敬愛など、我々の胸を熱くさせた言葉の数々をご紹介したい。

【動画】日本愛や「SBM」の愛称についても語る 元鷹ファルケンボーグ氏のインタビュー動画

 今回は元ソフトバンク、楽天のブライアン・ファルケンボーグさんだ。ファルケンボーグさんは、抑えても打たれても表情を変えない寡黙で真面目な当時のイメージと変わらない姿で、現役時代を懐かしむように語ってくれた。

――現在はどちらにお住まいで、何をされていますか?
「今はアリゾナのスコッツデールに住んでいて、商業用のビルディングなどをいくつか保有し、不動産関係のビジネスをしています。多くの引退した選手がアリゾナに住んでいますし、MLBの春季キャンプもアリゾナで行われています。私がMLBでプレーしていたときには、春季キャンプでイチローさんや野茂さんなど、多くの日本人選手を見ましたよ。ここはアメリカの野球の一大拠点となっていますからね。夏は少し暑すぎる日もありますが、それ以外の時期はとても快適です」

――2009年に摂津正さん、馬原孝浩さんとの勝利の方程式が「SBM」と呼ばれていたのはご存知でしたか?
「もちろん、知っていましたよ。日本での初めてのシーズンでそのニックネームを聞きました。今になって思うと、自分の中でも大きな自信となり、日本でのキャリアを良い形でスタートできたと思っています。チームが接戦の中でも私を起用してくれたことは自信につながりました。

 監督(秋山幸二氏)も我々のことを信頼してくれていましたし、例えば1人の選手が3、4日の連投があった際は、しっかり休養を取らせて他の2人に任せるなどの起用が可能だったので、チームにとっても有効だったと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」