野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

開幕まであと10日 燕・村上は復帰即アーチ、鷹・松田宣は2打席連発…9日の練習試合の結果

プロ野球は9日、各地でデーゲーム4試合、ナイトゲーム2試合の練習試合が行われ、先発ローテ、外国人枠争いなどが熾烈になってきた。延期されていた開幕まで、あと10日と迫り、いよいよ本番モードに突入していく。

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

巨人は打線活発、2年目戸郷も先発ローテ入りへアピール

 プロ野球は9日、各地でデーゲーム4試合、ナイトゲーム2試合の練習試合が行われ、先発ローテ、外国人枠争いなどが熾烈になってきた。延期されていた開幕まで、あと10日と迫り、いよいよ本番モードに突入していく。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

○DeNA6-8巨人(横浜)

 巨人が鮮やかな攻撃でDeNAに逆転勝ちを収めた。初回、DeNAは梶谷が巨人先発の戸郷から、右翼ポール際へ一直線に飛び込む先頭アーチを放ち、先取点。続く佐野が左越え二塁打で出塁。ロペスの中越え適時二塁打で2点を奪った。追う巨人は5回2死二、三塁から湯浅がライトの前に落ちる2点適時打で同点。6回には2死一塁、パーラの時にエンドランが成功。右中間適時二塁打で勝ち越した。戸郷は6回2失点の好投で先発ローテ入りへアピールした。

○ソフトバンク2-0オリックス(PayPayドーム)

 ソフトバンクは頭部死球から復帰4戦目となった松田宣が5回、7回に2打席連続のソロ本塁打。投手陣は高橋礼から川原、バンデンハークと繋いでオリックス打線に1点も与えなかった。オリックスは先発の村西が3回を投げて1安打無失点4奪三振と好投してローテ入りをアピールした。

○西武7-5楽天(メットライフ)

 西武は初回、外崎、栗山の適時打で3点を先制。4回に逆転されるが、その裏、木村の中越えソロで同点に追いつくと、7回には川越の右中間への2ランで勝ち越し。野手転向コンビのアーチで勝利を飾った。先発・高橋光は5回に連打を浴び5失点。前回の5回7失点に続いて、不安の残る内容となった。楽天は4回にロメロの左越え2ランなどで5点を奪うが、投手陣が踏ん張れなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」