野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人支配下の沼田は「めんこい顔してるけど…」 高校恩師が語る“育成の星”の素顔

巨人の沼田翔平投手が5月31日に支配選手登録された。18年育成ドラフト3位で入団してスピード出世を果たした19歳の原点を探るため、旭川神居中、旭川大高時代の恩師に話を聞いた。3回に分けてお届けする。第2回は旭川大高時代の端場雅治監督。

巨人・沼田翔平【写真:荒川祐史】
巨人・沼田翔平【写真:荒川祐史】

旭川大高の端場監督が巨人沼田の素顔を語った「投手としての意識が高い」

 巨人の沼田翔平投手が5月31日に支配選手登録された。18年育成ドラフト3位で入団してスピード出世を果たした19歳の原点を探るため、旭川神居中、旭川大高時代の恩師に話を聞いた。3回に分けてお届けする。第2回は旭川大高時代の端場雅治監督。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 端場監督が沼田を初めて見たのは、沼田が中学2年の時だった。「その時はサードを守っていましたが、光っていました。運動神経が良くて、バネがある。強い球を放る姿を見て、楽しみだと思いました」と当時の印象を語る。

 中学では軟式ボールを握っていたにも関わらず、高校入学直後の春季大会でいきなりベンチ入りを果たした。旭川支部予選初戦の旭川商戦で初先発して3回無失点デビュー。以後エースへの道を歩んだ。

 3年春には道内No.1右腕としてスカウトから高評価を受けるほどに成長。だが、最後の夏にかけて調子を落とした。「肩が痛いと言っていましたが、心も痛んでいたと思います。秋も春も打たれて負けて、信頼が得られていないような雰囲気がチーム内にありましたから」と端場監督は語る。同学年には最速140キロを超える投手が沼田を含めて4人いた。甲子園に最も近いと言われながら、2年秋も3年春も同じ旭川支部のライバルである旭川実に敗れ、沼田はエースとしての責任を痛感していた。

 殻を破る転機になったのは、北北海道大会準決勝の旭川実戦。6-8と劣勢で迎えた9回に登板し、味方の失策で先頭打者を出した後、落ち着いて無失点で切り抜けた。「あのまま負けるかもと思いましたが、あの時の沼田はすごかった。腹を決めていた。雰囲気や顔つき、流石だった」と端場監督も舌を巻く気迫だった。その裏に打線が3点を奪って逆転サヨナラ勝ち。決勝のクラーク戦では、沼田は6安打3失点完投とその夏一番の投球で優勝した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」