野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLBの新提案に選手は激怒&半ば諦めムード バウアー「異なった装いのまったく同じ提案」

MLBの新提案に選手は激怒&半ば諦めムード バウアー「異なった装いのまったく同じ提案」

メジャーリーグの開幕に向けMLB機構と選手会は給与面、新型コロナウイルスの安全面などを巡り対立している。MLB機構は12日(日本時間13日)に7月14日開幕、72試合制、試合数に応じ年俸70%を保証する新提案を提出したが選手たちは不満の声を上げている。

レッズのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】
レッズのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】

MLB機構が72試合、試合数に比例した年俸70%保証などの新提案を提出も…

 メジャーリーグの開幕に向けMLB機構と選手会は給与面、新型コロナウイルスの安全面などを巡り対立している。MLB機構は12日(日本時間13日)に7月14日開幕、72試合制、試合数に応じ年俸70%を保証する新提案を提出したが選手たちは不満の声を上げている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 AP通信など複数の米メディアはこの日、MLB機構が選手会に向けた開幕への新提案を伝えた。7月14日から開幕され、試合数は72試合、そして給与面は試合数に比例しポストシーズンがない場合は70%を保証(開催されれば80%)、プレーオフは10チームではなく16チームになるという内容だ。

 MLB機構は14日(同15日)までに合意を求めているが、米全国紙「USAトゥデイ」のボブ・ナイチンゲール記者は自身のツイッターで「選手会は試合数に比例した給料の全額支給を主張し、この提案を受け入れないことが予想される」と指摘。

 今回の新提案を受けやはり選手たちは納得できないようだ。

 レッズのトレバー・バウアーは自身のツイッターで「72試合制の試合数に比例した給料の70%は、48試合での試合数に比例した給料全額とまったく同じ額だ。ここには何も見るべきものがない。異なった装いのまったく同じ提案だ。ただのリスクの再配分だ」と反論。

 さらに「オーナーたちの戦略全体は最初からこれだった。選手にかかる費用をできるだけ抑えるために、レギュラーシーズンはできるだけ少ない試合数を行う。収益をできるだけ高めるために、ポストシーズンはできるだけ多く行う。彼らは喜んで50試合だけを行うだろう」と続けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」